写真提供:マイナビニュース

写真拡大

一人入居の予定だけれども、将来、恋人や友人、兄弟など二人暮らしをする可能性ってありますよね? 「バレなければ大丈夫」なんて考えてしまう方もいるかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか。「二人入居可」の物件があるということは裏を返せば、二人入居がNGの物件もあるということ。「二人暮らしがばれたらどうなるのか?」“不動産・住生活”のプロに伺いました。

Q.もしかすると、将来二人暮らしになるかも…… あとでバレるとどうなるの?

A.重要事項説明書や契約書で「入居者数は一人」と明示されている、あるいは事前に同居人を届け出なければならないのにしていないなどの場合、バレた時点で退去を求められる可能性があります。

入居者が今すぐ二人になる可能性がないからと言って、黙ったまま入居し、しばらくして二人で暮らすのは絶対にやめましょう。近い将来、2人暮らしになる可能性があれば、最初から「二人入居可」を探して、事前に「時期は未定だが、いつか二人になる可能性がある」と伝えておきます。

仮に、どうしても入居したいアパートやマンションが「単身者専用」だったら、どうすればよいのでしょうか。そんな場合は、不動産会社に「二人暮らしをする可能性があるんですが」と伝えてみましょう。大家さんによっては、特別に「二人暮らし」を認めて入居をOKする場合もあります。隠したまま入居してしまうのが一番よくないことです。

一人入居の物件で、二人入居をすると「近隣から話し声や物音の苦情が出やすい」「設備を二人で使用するため劣化が早くなる」などの問題が起こりやすくなります。

「管理員はいるが世帯数が多いからわからないと思う」「管理する人が誰もいないからバレない」と思うかもしれません。しかし、管理員はプロですから、別々にエントランスを入ることを繰りかえしていても住民かどうかはわかります。また、近隣から管理会社や大家さんに「ルールを破っている人がいる」「音がうるさい」などと、苦情が伝わって二人暮らしがバレることもあります。

二人暮らしがバレて、退去までの家賃が二人分になった、違約金を払った、という話もあります。ここで「話が大きくなりすぎじゃないの」と思ったあなた、冷静になって逆の立場で考えてみましょう。他の人がルールを守ってきちんと暮らしているアパートやマンションで、ルールを破った人がいたら、あなたなら、どうしますか?

まずは「契約を守ること」が賃貸住宅を探す上でもすべての始まりです。「バレたらその時に何とかしよう」ではなく、最初から「ルールを守れる人」でありたいものです。

高田七穂(たかだ なお):不動産・住生活ライター。住まいの選び方や管理、リフォームなどを専門に執筆。モットーは「住む側や消費者の視点」。書籍に『最高のマンションを手に入れる方法』(共著)『マンションは消費税増税前に絶対買うべし!?』(いずれもエクスナレッジ)など。