道後温泉が宿泊可能なアート作品に「道後オンセナート2014」開催

写真拡大

 日本書記にも登場する最古の温泉、愛媛県・松山市の「道後温泉」で、気鋭アーティストたちによるアートフェスティバル「道後オンセナート2014(DOGO ONSENART 2014)」が開催される。2014年に改築120年の大還暦を迎える道後温泉本館を記念したイベントで、プレオープンと題し12月24日からは草間彌生や「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」の皆川明などの作品を公開。グランドオープンは2014年4月10日で、期間は2014年12月31日まで。

「道後オンセナート2014」開催の画像を拡大

 「道後オンセナート2014」は道後温泉本館の改築120周年を記念して行われ、会期中は、道後一帯でアート作品の展示やインスタレーション、関連グッズの販売など様々なイベントが実施される。プレオープンのメインプロジェクトは、道後舘や宝荘ホテルなど10の道後のホテル・旅館内の1室を、荒木経惟、草間彌生、谷川俊太郎らによって泊まれるアート作品に仕上げられる「Hotel Horizontal(ホテル ホリゾンタル)」。「ロ」をテーマに、「minä perhonen」の代表的なテキスタイルとして知られる「choucho」のファブリックボードや、木が描かれた障子でホテル「花ゆづき」を装飾する皆川明の作品など、クリエイターそれぞれの世界観を表現した作品に仕上がっているという。

 グランドオープンでは、テクノポップユニットPerfumeのミュージック・ビデオや舞台で実際に使用した衣装や装置を手がけるクリエイター集団「ライゾマティクス」と、霧を用いた環境作品で知られるアーティスト中谷芙二子が道後温泉本館をアート作品として表現。2014年7月20日には出演・演出を森山開次、衣装をひびのこづえ、音楽を川瀬浩介が手がけるアートパレード「道後BONEおどり」+「LIVE BONE×道後温泉本館×霧の彫刻」が開催される。「道後オンセナート2014」の公式ユニフォームは、メンズブランド 「MITSUSHI YANAIHARA(ミツシ ヤナイハラ)」のデザイナーで、愛媛県出身の矢内原充志が担当する。

■道後オンセナート2014
会場:道後温泉およびその周辺エリア
会期:プレイベント 2013年10月10日(木)
   プレオープン 2013年12月24日(火)
   グランドオープン 2014年4月10日(木)
   フィナーレ 2014年12月31日(水)
主催:道後温泉本館改築120周年記念事業実行委員会
HP:http://www.dogoonsenart.com/