NMB48ルーム

写真拡大

京阪神を中心にカラオケチェーン店「ジャンボカラオケ広場」では2013年度のイメージキャラクターに、アイドルグループのNMB48を起用しているが、12月の忘年会シーズンに合わせてNMB48プロデュースのカラオケルーム12部屋を、大阪・ミナミ周辺の店舗で展開している。

CM衣装展示、サイン入りポスター掲示など

利用者の間では"ジャンカラ"と呼ばれているジャンボカラオケ広場は、11月16日時点で133店を展開。このうち、、大阪のなんば・心斎橋地区の店舗に「NMB48ルーム」3タイプ計12部屋を導入した。

「Aタイプ」(2部屋)では、同チェーンのCMに出演したメンバー8人(山本彩さん、渡辺美優紀さん、山田菜々さん、上西恵さん、吉田朱里さん、薮下柊さん、矢倉楓子さん、小笠原茉由さん)の衣装を1部屋に4人分ずつ展示し、壁一面にグループカラーでもある「ひょう柄」をデザインした。「 Bタイプ」(2部屋)には、壁にサイン入りポスターや8人の集合写真が張られている。

ほかに「プロデュースルーム」が8部屋。CM出演メンバー8人がそれぞれ1部屋ずつをプロデュース。「カラオケにあったらいいなぁ〜」の発想から、一人ひとりの個性があふれた小物やグッズが置かれている。