世界ランク自己最高を更新する25位に浮上した松山英樹(撮影:米山聡明)

写真拡大

<男子世界ランキング>
 11月24日付けの男子世界ランキングが発表された。先週の国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」を6位タイで終えた松山英樹が最新ランキングで25位に浮上。自己最高位を更新した。
【Gボイス】タイガー罰打のルール裁定変更、当然?おかしい?
 また「ダンロップフェニックス」で単独3位に入った片山晋呉が前週の113位から86位に浮上。一方、「ISPSハンダワールドカップ」に出場した石川遼と谷原秀人も共に順位を上げ、最新ランキングでは石川が88位、谷原が116位となっている。
 その他、「ISPSハンダワールドカップ」で個人戦優勝を果たしたジェイソン・デイ(オーストラリア)が11位に浮上。また「ダンロップフィニックス」で連覇を飾ったルーク・ドナルド(イングランド)が15位に順位を上げている。

【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(12.11pt)
2位:アダム・スコット(9.80pt)
3位:ヘンリク・ステンソン(8.94pt)
4位:フィル・ミケルソン(7.70pt)
5位:ジャスティン・ローズ(7.63pt)
6位:ローリー・マキロイ(6.51pt)
7位:マット・クーチャー(6.38pt)
8位:スティーブ・ストリッカー(6.13pt)
9位:ブラント・スネデカー(5.74pt)
10位:ジェイソン・ダフナー(5.38pt)
11位:ジェイソン・デイ(5.35pt)
15位:ルーク・ドナルド(5.00pt)
25位:松山英樹(3.64pt)
83位:小田孔明(1.76pt)
86位:片山晋呉(1.72pt)
88位:石川遼(1.71pt)
116位:谷原秀人(1.45pt)
135位:藤本佳則(1.34pt)
141位:藤田寛之(1.28pt)
150位:池田勇太(1.20pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【マイク青木コラム】“タイガー罰打”のルール裁定変更 当然?おかしい?
【舩越園子コラム】五輪を感じたW杯
ルーク・ドナルド、“真のナンバー1”へ始まりの大会連覇
ゴルフ美女を紹介!「今日の美ゴ女」
最新のギアニュースと試打レポートはこちらから