日本インテリアプランナー協会(JIPA)は、優れたインテリア作品を審査し表彰する「JIPAインテリアプランニングアワード2014」を開催、2014年2月17日(金)〜3月7日(金)の期間、作品応募を受け付ける。
2010年、2012年に続き今回で第3回目となる「JIPAインテリアプランニングアワード2014」は、デザイン性はもとより、環境への配慮、公共性、安全性、また空間構成や室内環境の計画などを審査するアワード。応募対象は応募者が設計したインテリア作品で、2012年1月1日〜2013年12月31日までに完成したもの(新築・改修どちらでも可)で、応募カテゴリーは住宅、商業施設、オフィス、教育・文化施設、医療・福祉施設、その他でカテゴリー別に審査される。応募資格はインテリアプランナー有資格者、または有資格者を含むグループ。応募は下記ホームページ上の応募登録フォームより行う。1人何点でも応募が可能。応募費用は5000円/1点。
応募作品の中から入選作品を選び、その中から各カテゴリーで優秀作品を数点選出、また特別審査員による審査員特別賞も選ぶ。審査委員は、特別審査委員が芦原太郎氏(建築家/芦原太郎建築事務所)、中村勉氏(建築家/中村勉総合計画事務所)、橋本夕紀夫氏(インテリアデザイナー/橋本夕紀夫デザインスタジオ)、審査委員が浅野宏氏(建築技術教育普及センター 理事長)、霜野隆氏(レスト MAM HOUSE事業部長/JIPA会長)、乕屋正氏(イリア シニアプロデューサー/JIPAインテリアプランニング アワード2014実行委員長)。審査発表は2014年4月初旬。

なお入選作品については、JIPA各地域協会で開催されるインテリア・建築関連展示会で一般公開する他、2014年11月発行予定の「インテリアプランニング・ベストセレクション2014」に作品を掲載する。