写真提供:マイナビニュース

写真拡大

丸井グループは、購入者とともに取り組むファッションを通じた社会貢献「循環型ファッション」の具現化の一環として、「冬の衣料品 下取りチャリティー」を12月6日から丸井23店舗、12月7日から丸井2店舗で実施する。

同企画は、まだ使える衣料品の下取りを行い「東日本大震災」の被災者や、途上国の人たちのために有効活用するというもの。下取りに協力した人には、衣料品1点につき丸井全店で使える200円割引き券(有効期間12月31日まで)を進呈する。

対象アイテムは、婦人服、紳士服、子供服、スポーツウエア、マフラー、手袋、帽子、バッグ。良い状態で届けるため、新品か新品に近い状態のものが対象で、1人1回に付き15点までとなる。

割り引き券は、買物合計金額2,000円につき1枚利用可能。現金との引き換えおよび再発行はできない。また、各店舗により受け付け期間が違うため、詳細はホームページ()を参照のこと。