我が君主は天にあり 軍師・黒田官兵衛伝(上)=左、(下)

写真拡大

この男がいなければ、豊臣秀吉の天下はなかった――。キャッチコピーがそう訴えかける。来年2014年のNHK大河ドラマは戦国の乱世が生んだ軍師、黒田官兵衛が主人公だ。秀吉に天下を取らせながら、その才ゆえに最も恐れられた男だった。一方で敬虔なクリスチャンで、「如水」と称し和歌や茶道に親しんだ文化人でもあった。演じるのは、岡田准一。ドラマが始まる前にちょっとだけ予習しておこう。

J−CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(http://www.j-cast.com/mono/bookwatch/)でも特集記事を公開中。

「血」よりも「智」、「利」よりも「理」

『我が君主は天にあり 軍師・黒田官兵衛伝』

歴史にはいつも黒衣がいる。100年にわたる戦国時代が、信長、秀吉によって天下統一へ向かっていく道筋を演出したのが、黒田官兵衛だ。文芸社の文庫『我が君主は天にあり 軍師・黒田官兵衛伝』(著・浅黄霞雲、上下巻とも609円)の著者によれば、「名参謀」「軍師」と呼ばれるが、権勢欲を武力で満たそうとする武将たちとは一線を画し、「出来るだけ人を殺さず、血を流さず」を旨として、「血」よりも「智」、「利」よりも「理」に重きを置き、家臣や領民にも慕われた人物だった。

激動の時代の最中、信長に謀反を起こした荒木村重や、「両兵衛」と並び称された軍師・竹中半兵衛との因縁など波乱に満ちた生涯を、上巻では出生から秀吉による天下統一まで、下巻では隠居から九州席捲、関ヶ原の戦いへと続く晩年を描く。

現代にも通じるナンバー2の生き方

『大軍師 黒田官兵衛』

どの組織でも「ナンバー2」は最重要のポジションだが、あまりにデキすぎるとトップに警戒される。戦国時代の「最強のナンバー2」といわれた黒田官兵衛もその例外ではない。ある時、秀吉が家臣たちに自分の死後に誰が天下を取るかと尋ねたところ、徳川家康、前田利家らの名があがったが、秀吉が口にしたのは、彼らに比べはるかに石高の低い官兵衛だった。このことを伝え聞いた官兵衛は、秀吉が自分に対し警戒心を抱いていると知り、長男の長政に家督を譲り隠居したという。

祥伝社文庫の『大軍師 黒田官兵衛』(著・桜田晋也、680円)は、単なる軍事参謀にとどまらず、時代の流れを鋭く見抜く眼力と決断力を持ち、天下人である秀吉や家康にも恐怖を感じさせた官兵衛の生き方に迫る。現代にも通じる補佐役のあり方とは――。

自ら天下めざす野望なかったか

『新装版 播磨灘物語』

『竜馬がゆく』や『坂の上の雲』など数々の歴史小説を世に送り出してきた作家・司馬遼太郎が黒田官兵衛を描いたのが、講談社の文庫『新装版 播磨灘物語』(著・司馬遼太郎、1〜4巻各660円)である。人気作家によるこの作品によって、官兵衛の人気はさらに高まったという。

播州の小大名の家老の家に生まれた官兵衛は、東の織田か、西の毛利かの狭間にあって、信長に新時代の息吹を感じて織田方に参じ、秀吉と出会い、活躍の舞台を広げた。本能寺の変で中国大返しを献策するなど、その才覚は天下を左右するまでになる。秀吉の死後、天下分け目の決戦となった関ヶ原の戦いは、あっけなく終わってしまうが、もし、長引いて膠着状態に陥っていたなら、今度こそ、参謀としてではなく、自らの天下取りに名乗りをあげていただろうか。