NHK「できるかな」ゴン太くん操作の井村淳さん死去

写真拡大

NHK教育テレビ「できるかな」(1970年4月〜1990年3月)でゴン太くんの操作を担当していた、人形劇俳優で演出家の井村淳さんが亡くなっていたことがわかった。
電話取材に応じてくれた、「人形劇団クスクス」の方の話によると、21日都内でお亡くなりになったとのこと。

【関連:漫画家の佐渡川準さん死去、連載中の「あまねあたためる」残り2話】

訃報


「人形劇団クスクス」は井村さんが主催する人形劇グループ「井村淳と仲間たち」を通じ交流があり、今回の訃報を聞き「残された者として井村さんが残してくれたものを後に続く方々に残していけるようかんばっていきたい。」とコメントしている。

井村淳さんは1952年から舞台・テレビの人形劇に関わり、劇団人形座・劇団人形の家を経て、フリーとして活躍。東日本専門人形劇団協議会では以前代表もつとめていた。
最近では、日用品を活用した「ぼくにもできるかな人形劇場」(作・演出・出演)を各地で上演したり、「小さいお城」などの新作上演や、人形劇のワークショップなどの活動を行っていた。

取材協力・参考:
「人形劇団クスクス」ブログ:井村さん、ありがとうございました。