写真提供:マイナビニュース

写真拡大

もっときのこを食べようプロジェクトは、イベント「もっときのこを食べマルシェ」を12月7日に、東京・有楽町の交通会館マルシェで開催する。

○公式キャラクターの名前も募集

同イベントは、1年で最も消費が伸びるきのこの冬場の消費を更に伸ばすため、また、同団体の活動を消費者にPRするために開催する。北は岩手・秋田、南は熊本から集まったきのこ生産者・きのこ関係業者が13団体登場。きのこの消費拡大に向けた試食販売などを行う。

販売する商品は、しいたけ、まいたけ、なめこ、えりんぎ、しめじ、えのきのほか、珍しいきのこやきのこの加工品など。プロジェクトオリジナルグッズも販売する。また、同イベントのアンケートに回答すると、文字入りしいたけ「もじっこしいたけ」を粗品としてプレゼント。プレゼントはなくなり次第終了。

当日は公式キャラクターの着ぐるみも登場。その中の「しいたけ」「まいたけ」「なめこ」のキャラクターの名前を公募する。採用された場合は、きのこ加工品など5,000円相当の賞品をプレゼント。応募は同日、アンケート用紙で受け付けるほか、Facebook・Twitterでも行っている。

イベントは、12月7日の11時〜17時に開催。会場は交通会館マルシェ(東京都千代田区有楽町2-10-1)。入場無料。

(フォルサ)