写真提供:マイナビニュース

写真拡大

沖縄美ら海水族館と日本トランスオーシャン航空(以下、JTA)は2014年1月上旬〜2017年12月頃までの予定で、「ジンベエジェット」2号機を就航する。

○さくら色のジンベエザメ

同機は、両社のタイアップ第2弾として就航される。第1弾では、沖縄美ら海水族館のジンベエザメ「ジンタ」をイメージしたデザインだったが、今回はジンベエザメのデザインはそのままに、女の子をイメージした装飾を施した。色はさくら色で、日本一早く咲く桜として有名な沖縄・やんばる(北部地域)の「カンヒザクラ」を頭(機首)部分に飾っている。

機内では1号機同様、オリジナルのヘッドレストカバーやドリンクサービス用紙コップ、ポストカードなどの提供を予定。また、1月〜2月の機内販売では、「ジンベエジェット」のモデルプレーンも用意する。今後は「ジンベエジェットで行く!」ツアーも展開する予定。

機材はボーイング737-400型機(JA8992)で、就航路線はJTA就航全路線となっている。