写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都目黒区下目黒の目黒雅叙園で、九州全県から時代雛が集まる「百段雛まつり〜九州ひな紀行〜」が開催される。開催日は2014年1月24日〜3月3日、10時〜18時(最終入館17時30分)。入場料は1,500円(前売券1,200円、学生800円、小学生以下無料)。

○松平定信の娘、蓁(しん)姫の古今雛も展示

同イベントは、日本各地の時代雛が目黒の地に集結する企画で今回で5回目。文化財「百段階段」を舞台に、九州全県(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)に息づく雛文化が一堂に会する。

展示される雛人形は、九州の諸大名・天皇家ゆかりの名品をはじめ、庶民に愛された信仰雛など、約1,000点におよぶ。

平戸藩主松浦家に嫁いだ、松平定信の娘、蓁(しん)姫の古今雛や、熊本八代城主・松井家ゆかりの雛と雛道具、明治天皇の后(のちの昭憲皇太后)ゆかりの檜扇(ひおうぎ)や、孝明天皇から下賜された十二支の御所人形など、天皇家ゆかりの品々も登場。

さらに、庶民が育んだ郷土玩具のお雛さまや、伝統工芸品の博多人形、有田焼で作られたお雛さまなど、九州の歴史・文化の厚みを物語る貴重な品々も展示される。

(OFFICE-SANGA)