写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士急行は30日から、「フジサン特急」として活躍する2000系車両1編成(2002号編成)を、「パノラマエクスプレスアルプス」当時の車体色に塗り替えて運行する。

同編成は2014年2月上旬での引退が決まっており、引退前の記念として、JR東日本在籍時のカラーを復活させるという。復刻カラーでの運行初日(11月30日)には、「パノラマエクスプレスアルプス復活記念 乗車証明書(硬券)」を乗客に配布するとのこと。

「パノラマエクスプレスアルプス」は、旧国鉄・JR東日本が1986〜2001年に保有していたジョイフルトレインの名称。2001年に富士急行に譲渡され、改造を経て現在の特急型車両2000形「フジサン特急」となった経緯がある。なお、11月30日に開催される「富士急電車まつり2013」では、同車両を使用する車両撮影会や運転台・車掌体験、「パノラマエクスプレス復活記念グッズ」の販売などが行われる予定だ。

(佐々木康弘)