「週刊少年ジャンプ」2013年52号(集英社)

写真拡大

――発行部数280万部(一般社団法人 日本雑誌協会発表)を誇る最強の少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」。そんな「ジャンプ」の最新情報をさまざまな角度からご紹介!

 本日11月25日に発売となった「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)2013年52号。表紙と巻頭カラーは、コミックス27巻発売記念として『トリコ』、センターカラーは『BLEACH』と『SOUL CATCHER(S)』となっている。

 今号52号は、13年付の「ジャンプ」最終号であり、来週12月2日発売号は14年1号。13年の「ジャンプ」は、創刊45周年のアニバーサリーイヤーだったため、頻繁に巻頭カラーページに掲載されていた「週刊少年ジャンプ45周年記念ページ」も最終回を迎えている。13年17号で発表された、公募を元に『ONE PIECE』の尾田栄一郎氏がデザインした45周年キャラ・ジャッターもこれで見納め? むしろこのキャラが読者に浸透していたのか、疑問が残るところだ。

 そんな今号の「週刊少年ジャンプ45周年記念ページ」では、今年1年分の「ジャンプ」背表紙一覧を公開している。基本的に「ジャンプ」の背表紙は、同号の表紙を飾っている作品のキャラが登場。全48号(合併号が4回)で、背表紙を飾った作品の内訳は、上位から以下のようになっている。

『ONE PIECE』 10回
『トリコ』 5回
『黒子のバスケ』 4回
『暗殺教室』 3回

以下、2回掲載作品
『NARUTO』
『ハイキュー!!』
『銀魂』
『ニセコイ』
『食戟のソーマ』

その他、各1回掲載が16作品

 このように『ONE PIECE』は、13年2号からの3連続表紙などがあったとはいえ、ぶっちぎりの10回掲載。やはり「ジャンプ」看板作品としての地位が揺らぐことは、当分なさそうだ。

 注目は、すでにアニメ化が発表されている人気作『ニセコイ』や『ハイキュー!!』を押さえて、3回背表紙に掲載された『暗殺教室』。マンガ通からも評価が高い本作は、テレビアニメ化も時間の問題だろう。加えて、『食戟のソーマ』の快進撃も見逃せない。前号51号で1周年記念として表紙を飾った『食戟のソーマ』は、正確には今号で1周年。本作は単行本の累計発行部数が150万部を突破し、次号でセンターカラーを獲得するなど、まさに破竹の勢いを見せている。ちなみに、原作者の附田祐斗氏は、「ジャンプ」で10年に連載されていた『少年疾駆』の作者。2巻で終わってしまった前作から見事な飛躍を遂げた。

 ここで、13年1号と52号の連載作品を差分比較することで、「ジャンプ」内の流動的な連載枠を導き出してみたい。何十巻にも上る長期連載も多く人気作の固定化が指摘される昨今、「ジャンプ」の打ち切りレース枠はいくつ程度あるのか? そのひとつの目安となれば幸いだ。結果、連載陣の顔ぶれで変わっているのは、『ワールドトリガー』や『SOUL CATCHER(S)』ら計7作品。「ジャンプ」では現在、この7作品前後の枠で打ち切りレースを争っているといえるのかもしれない。

【13年1号時点での連載作品】
『新米婦警キルコさん』
『SKET DANCE』
『HUNGRY JOKER』
『クロス・マネジ』
『列!!!伊達先パイ』
『めだかボックス』
『クロガネ』

【13年52号時点での連載作品】
『ワールドトリガー』
『SOUL CATCHER(S)』
『HACHI-東京23宮-』
『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』
『恋のキューピッド焼野原塵』
『クロクロク』
『ひめドル!!』

 こうしたし烈な競争を端的に表すかのように、今号では『クロクロク』『ひめドル!!』が2作品同時に最終回を迎えるという稀有なことに。代わりに、次号からは屋宜知宏氏による『アイアンナイト』が新連載となる。屋宜氏は、手塚賞準入選作品をリミックスした『IRON CURTAIN』が、増刊「ジャンプNEXT! 2012 WINTER」に掲載されてデビューした新人作家。本作が初連載となるが、果たして「ジャンプ」で生き残ることができるのか? その未知なる手腕に期待したい。
(文/編集部)
※雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元はすべて集英社。