「ゆるキャラグランプリ2103」海外枠3人の残念な順位
 今回も大きな盛り上がりを見せた「ゆるキャラグランプリ2103」。1580ものキャラが参戦して、熾烈なデッドヒートを繰り広げ、「さのまる」がグランプリに決定しました。そんななか、海外枠で3人のゆるキャラが、ゆる〜く参戦していたことをご存知でしょうか。

981位 Calaple/米・ロサンゼルス(所属:株式会社SBY)
1026位 サイパンだ!/サイパン(所属:マリアナ政府観光局)
182位 OPENちゃん/台湾(所属:統一超商)

「Calaple(カラプル)」は、頭にアイスクリームが3つも乗っていて、重みで顔がメリ込みそうになっています。日本で誕生してロサンゼルスで人気だそう。

 頭に過剰に物を乗せてしまうのは、初期のゆるキャラのようで素晴らしい。また、「ゆるキャラグランプリ」の投票締め切りが11月8日なのに、Calapleが参戦を発表したのは10月25日頃だというテキトーさも、逆に新鮮です。

「サイパンだ!」は、父親がサイ・母親がパンダで、サイパンから参戦。ダジャレか! しかも日本人にしかわからない語呂合わせです。黄色い鼻みたいなのは、サイの角だったんですね。

⇒【画像】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=48657

 サイパンに行くと、サイパンだ! が観光ガイドをしてくれることも(でも写真を見ると、サイパンだ!の頭をかぶっただけで首から下は普通のおじさん)。

「OPENちゃん」はOPEN星で生まれた宇宙犬。台湾のセブン-イレブンで修行中だそうです。どう見ても犬には見えませんが、3色の帽子みたいなのはたてがみで、気分によって開閉します。

⇒【画像】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=48655

 最近のゆるキャラたちが、可愛く洗練されているのに対し、海外枠の3人はイマイチ垢抜けず、初期のゆるキャラのようで微笑ましいですよね。PR活動もゆるかったため、上位に食い込むことはできませんでしたが、ネット上では”ゆるすぎる……”と微妙に話題になっていました。

 いよいよ、ゆるキャラブームが世界に広がってきた!? と思いましたが、よく見れば3つとも日本企業が絡んだり日本人向けだったり……。たとえば”ロサンゼルス市公認ゆるキャラ”のような、正味の海外キャラが誕生する日はまだ遠いようです。 <TEXT/女子SPA!編集部>