今、世間の話題をさらっているのが、AKB48のヒット曲『恋するフォーチュンクッキー』のダンスを一般企業の社員などが踊り、その映像を『YouTube』にアップさせること。

 最初は美人社員が多いことで知られるファッションブランドの「サマンサタバサ」やIT企業の「サイバーエージェント」の動画から火がついたが、決して「カメラ映え」するとはいえない中高年のタクシー運転手たちが踊る「日本交通」も、すでに130万ページビューを超えているというから驚きだ。

 日本交通バージョンの動画制作をプロデュースした日交データサービスの山本智也氏がいう。

「弊社はタクシー業界では1位の会社ですが、若いお客様が少なく、若年層にアピールするためのいいチャンスだと思って取り組みました。

 運転手たちは最初“一体何をやらせるんだ”とイヤそうでしたけど(笑い)。サマンサタバサのビデオでは美女たちがキラキラ輝いていますが、こちらはタクシー会社の冴えないおじさんが踊ることでコントラストが出て、かえって面白いのではないかという戦略でした。

 おかげさまで、映像を見て弊社を指名して頂くお客様もいらっしゃるほど。タクシー車内でも、この動画の話題で会話が弾むことが多いようです」

 この動きは、神奈川県など行政や、海外にも飛び火している。 企業のPRとエンタメ性が両立する、まさに新時代のコンテンツなのだ。

※週刊ポスト2013年11月29日号