ポイント初セレクト業態「スクオーバル」公開 1号店は3月福岡に

写真拡大

 ポイント初のセレクトショップ型ブランド「SQUOVAL(スクオーバル)」が、2014年春の展開開始に先駆けて公開された。商品構成のうちセレクトが4割を占め、世界各国からバイイングしたブランドのほか別注商品や異業種コラボレーションによるアイテムなどを販売。1号店は3月に福岡の商業施設内に出店する計画で、ニューファミリー層に向けて準郊外を中心に店舗を拡大していく。

ポイント初セレクト業態「スクオーバル」公開の画像を拡大

 Archive&Style(アーカイブ&スタイル)の坂田真彦氏をクリエイティブディレクターに迎えた「SQUOVAL」は、「アクティブで文化的」な25〜35歳の男女と4〜8歳のその子供がターゲット。「カジュアル」と「エディターズシック」の2ラインで展開するウェアはオーセンティックなアイテムを中心に揃え、全体の4割におよぶシューズやバッグなどのグッズ類を合わせることで新鮮なコーディネートを提案するという。セレクトブランドは「PETIT BATEAU( プチバトー)」や「J&M DAVIDSON(J&M デヴィッドソン)」、「AMBELL( アンベル)」、「Tricker's(トリッカーズ)」などで、「メーカーズシャツ鎌倉」や「WORLD WORKERS(ワールド ワーカーズ)」をはじめとする国内外ブランドとの別注アイテムも展開。オリジナル商品の販売にも力を入れ、国内製を多く含めながらも中心価格帯はシャツ・ブラウスで約7,500円、パンツが約8,500円、ワンピースが約9,500円、アウター が約19,000円と「セレクトショップのオリジナル商品の中でもリーズナブル」な価格に設定する。

 店舗は準郊外のファッションビルやショッピングセンターに出店していく計画で、1号店の福岡のほかに関東圏への進出も予定。80〜100坪規模の店内には蚤の市で仕入れた雑貨やグッドデザイン賞を15年以上受賞しているグッズなど雑貨の専用売場も設け、セレクトショップの新たな切り口にするという。


■ポイント初のセレクトショップ型ブランドSQUOVAL(スクオーバル)来春デビュー
 http://www.fashionsnap.com/news/2013-09-18/point-squoval-14s/