完全優勝で最終戦を締めた(写真提供:PGA)

写真拡大

<いわさき白露シニアゴルフトーナメント 最終日◇24日◇いぶすきGC開聞C(6,923ヤード・パー72)>
 今季国内シニアツアー最終戦「いわさき白露シニアゴルフトーナメント」の最終日。初日から首位にたった今シーズンのシニアツアー賞金王の室田淳が最終日も7バーディ・ノーボギーと猛チャージ、通算16アンダーまで伸ばし今季3勝目を挙げた。
地元オーストラリアが圧勝でW優勝!日本チームは3位
 この日は出だし3ホールでいきなり3連続バーディとエンジン全開。その後も3つバーディを奪い前半は6バーディ・ノーボギーの“30”をマーク。「勝てるときっていうのは、こういうもんなんですよね。入っちゃうんですよ。自分でもわからない(笑い)」。自分のプレーに振り返った。後半は1バーディ・ノーボギーと勢いは止まったが、追いすがる渡辺司を振り切り最終戦を完全優勝で締めた。
 「(賞金王となって)12試合だからね。よくがんばったと思ってるよ・3勝しましたけど、3回悔しい負け方をしましたからね。来年は、中嶋常幸さんが復帰してくるから、それもモチベーションになります。」すでにキング オブ シニアの目は来シーズンにむけられている。
 その室田と2打差の単独2位には渡辺司。続く通算13アンダー単独3位には金鍾徳(キム・ジョンドク)。さらに室田と並び首位からスタートした井戸木鴻樹が通算11アンダーで単独4位につけた。
【最終結果】
優勝:室田淳(-16)
2位:渡辺司(-14)
3位:金鍾徳(-13)
4位:井戸木鴻樹(-11)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
ルーク・ドナルド、“真のナンバー1”へ始まりの大会連覇
森田理香子、値千金のイーグルで今季4勝目!賞金ランク1位に返り咲く
女子シード権争い最終章、あのプロが危ない
ゴルフが好きな美人を紹介する「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング