『500年の営み』(祥伝社/著者:山中ヒコ)

写真拡大

 今クール最注目で始まるも、パッとしないキムタクこと木村拓哉主演のTBSドラマ『「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』」。内容について、「なにがなんだかわからない...」というコメントなど、聞こえてくるコメントのは悪評ばかりで、視聴率も伸び悩んでいるよう。そもそも「アンドロイド」と「恋愛」の組み合わせがよくなかったのでは? といったなどの声もある。

 しかし、映画『アンドリューNDR114』やアニメ映画『ハル』など、実はアンドロイドの恋を描く作品には、「泣ける」「切ない」といった声があがるものもが多い。そこで本稿では、「『「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』」よりも萌えて泣ける」と人気を集める『愛玩ドール100%』(ジュネット)や『ファーストマスター』(日本文芸社)、『500年の営み』(祥伝社)といった"アンドロイドBL"を紹介したい。果たして、これらの作品に登場するアンドロイドたちの"切なポイント""萌えポイント"とはどんなものだろう?

 まず、『愛玩ドール100%』に登場するのは、メイドロボットRXIG100号機のモモだ。セクサロイドと呼ばれる機種だけあって、その行動はかなりエロい。メイド姿で街中に佇んでいたモモはみ、初対面である主人公の直人に「そこのお前ちょっと来い」と言って強引にディープキスをする。そのまま、「さぁ来い!」とパンツもは穿いていない下半身を露出して「頼むから挿れて」と誘ったりもした。それに、右の乳首を押すとうさ耳としっぽが生はえて、左の乳首を押すと亀甲縛り状態で乱れまくるくらい淫乱でもある。しかしモモは決してエロいだけのアンドロイドではない。好きという気持ちがわからず、その感情を伝える術ももたない彼は、「胸が苦しいんだ 直人の喜ぶ顔が見たい 早く抱いて欲しい」とすがりつき、「俺がヒトだったら直人は喜んで抱いてくれた? ロボットだから?」と涙を流すのだ。そして、直人に抱かれながら「熱くて苦しい でも幸せだ 直人これは何て言うの」と尋ねる。その気持ちが"好き"という感情だと知ると、「直人のことが好きだ」と言って恥ずかしそうに笑うのだ。こうやって、一ひとつひとつ感情を知っていく過程は、やはり"アンドロイドの恋"の醍醐味と言えるだろう。

 また『ファーストマスター』のポチは、"眠り姫"をコンセプトにしたアンドロイド。「マスターのキスで目覚めて一生彼だけを愛しつづける」というプログラムで作られた彼は、人間に危害を加えないし嫌がることもしない。ただひたすらマスターに従い、マスターの心地良いようにふるまう。もちろん、マスターが望まなければ、アンドロイドは性的な接触も行わない。でも、ポチのマスターでアンドロイド開発部の技術者でもある佐倉(さくら)は、ポチがどんなに心地良くても、自分の好みにぴったりでも、それがプログラムに従った行動だと気づいた瞬間、心が冷えると感じる。だけど、アンドロイドにとって不幸な人間を増やすのはよくないことだ。マスターを不幸にしたのが自分のせいだったら、アンドロイドもとても不幸だ、と語るポチは、「だってさくらは俺といても幸せじゃない さくらはいつも困ってる 俺がいるせいで家の居心地が悪い」と言って、社長に自ら「俺を廃棄処分にして欲しい」とお願いするのだ。ただプログラム通りに動くのではなく、自分のことを一途に一番に思って行動する姿には、胸が締め付けられる。これも、成長するアンドロイドだからこそ。

 そして、『500年の営み』には、何年も主人を待ち続けるアンドロイド・ヒカル=B=JW2260MCHINAが出てくる。もともと、主人である山田虎雄の恋人だった太田光に似せて作られたヒカルB。しかし、器用で運動も勉強もできた光とは違い、ヒカルBは見た目も中身も本物より3割減のアンドロイドだった。それでも、虎雄が車に轢かれそうになると「危なーいとらさーん!!!」と突っ込み、腕がもげた状態でも助ける。どんなに邪険にされて八つ当たりされても、ただニコニコと付き従う。そうやって、徐々に虎雄との距離を縮めたくせに、ヒカルBはある日いきなり彼の前から姿を消す。残されたメッセージには、彼が"太田光の代用品"でじゃなく"て太田光のアンドロイドの代用品"だったことが。なんでもないことのように「とらさんが言ってたみたいに俺元々出来損ないなんだ!」と笑うヒカルBを見ていると、彼がアンドロイドだということが痛いほど突きつけられる。どんなに追いかけても、大切にしようとしても「オレはとらさんの恋人の太田光じゃないよ」と言うヒカルB。一見、虎雄の一方通行の恋のようだが、ヒカルBは姿を消しても記憶消去はしなかったり、自分を見つけ出してくれた虎雄が自分のために泣く姿を見て、笑うのでも怒るのでもなく、それらすべてが合わさったような「まるで人間みたいな顔」をする。

 主人の強い思いによって、本来なら、通じるはずのないアンドロイドと心がの思いが、主人の強い思いによって通じ合う伝わる。アンドロイドが、ただの機械から感情を覚えて成長する。その過程こそが、アンドロイドものの一番の魅力なのだ。『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』でもそういったんな描写に重点を置けばが見られたなら、視聴率回復のきっかけになるかも?
(文/田口いなす)

■『愛玩ドール100%』
著者:やまだまや
価格:680円
出版社:ジュネット

■『ファーストマスター』
著者:葛井美鳥
価格:650円
出版社:日本文芸社

■『500年の営み』
著者:山中ヒコ
価格:650円
出版社:祥伝社