<ダンロップフェニックス 最終日◇24日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>
 宮崎県にあるフェニックスCCで開催中の国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の最終日。2位と2打差でスタートした首位のルーク・ドナルド(イングランド)はこの日も圧巻のプレーを披露、通算14アンダーでまで伸ばし2位と6打差の圧勝で大会連覇を果たした。
 この日もドナルドはスタートからエンジン全開。1、2番で連続バーディを奪うと4番、7番でもスコアを伸ばし前半4つ伸ばして折り返した。後半は2つボギーを叩くも3バーディを奪い1つ伸ばした。結局この日のドナルドは7バーディ・2ボギーの“66”でホールアウト。最終日も貫禄のプレーを見せつけ大会を終えた。
 通算8アンダー単独2位には金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)。続く通算7アンダー単独3位には片山晋呉。さらにスペインのゴンサロ・フェルナンデスカスタノと薗田峻輔が通算4アンダーで4位タイとした。
 また、ホストプロとして今大会に臨んだ松山英樹は、最終日に1つ伸ばし通算3アンダーで終戦、6位タイで今大会を終えた。
【最終結果】
優勝:ルーク・ドナルド(-14)
2位:金亨成(キム・ヒョンソン)(-8)
3位:片山晋呉(-7)
4位T:ゴンサロ・フェルナンデスカスタノ(-4)
4位T:薗田峻輔(-4)
6位T:松山英樹(-3)
6位T:イ・キョンフン(-3)
6位T:ブラッド・ケネディ(-3)
9位:ハン・リー(-2)
10位T:藤本佳則(-1)他3名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
L・ドナルド、貫録のノーボギーで大会連覇へ王手
金亨成、ドナルドと最終組もひるまず「ベースは大差ない」
G-VOICEで徹底討論!ゴルフについてあなたの意見を聞かせてください!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング