<ダンロップフェニックス 最終日◇24日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>
 宮崎県にあるフェニックスCCで開催中の国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の最終日。全選手がハーフターンを終え、通算9アンダー単独首位で最終日に入ったディフェンディングチャンピオンのルーク・ドナルド(イングランド)がこの日もさらに伸ばし通算13アンダー、2位と3打差でハーフターをした。
 通算10アンダー単独2位には金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)。続く通算7アンダー単独3位にはこの日バーディを量産した片山晋呉がつけた。さらに小田孔明、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)、イ・キョンフン(韓国)、ゴンサロ・フェルナンデスカスタノ(スペイン)の4人が通算3アンダーで並んだ。
 また、松山英樹は通算2アンダーで8位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
L・ドナルド、貫録のノーボギーで大会連覇へ王手
「それにしても外れ過ぎ」松山、パッティングに苦しみ首位と7打差
女子シード権争い最終章、あのプロが危ない
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング