冬の安全ドライブを支えるスタッドレスタイヤ。その装着率は、ほぼ100%の北海道を筆頭に、近年では東海地方などでも徐々に上がってきているという。このスタッドレス市場で圧倒的なシェアを誇るブリヂストンがこの冬、“史上最高性能”を謳った新商品を投入した。

 今年7月中旬。うだるような酷暑の中、千葉県浦安市の大型特設テント内には、季節外れの雪が敷き詰められていた。記者たちが見守る中、その雪の上をスタッドレスタイヤを履いたクルマが安定した走りで通り抜けていく。ブリヂストンの最新スタッドレスタイヤ『ブリザック VRX』の発表会が開かれていたのだ。

「『VRX』とは“頂点”を意味する“VERTEX”に由来します。初代『ブリザック』の発売から今年で25年。当社スタッドレスタイヤの最高傑作だと自負しています」

 そう自信をのぞかせるのは、『ブリザック VRX』の開発で中心的な役割を担ったウィンタータイヤ開発部の林徹だ。

『ブリザック』シリーズは1988年に登場。以来、世界中で2億本を売り上げてきたスタッドレスタイヤの看板商品である。

「『ブリザック』シリーズは、ゴムの中に氷上の水膜を除去するための気泡を入れた『発泡ゴム』を採用することでグリップ力を得ています。『ブリザック REVO GZ』では、この発泡ゴムの性能を上げたほか、左右非対称のトレッドパタン(路面と接する面のブロック状の溝)を採用して、氷上から雪上、乾燥路、ウェット路面など様々な冬道での効きを実現しました」

 2009年に発売された『ブリザック REVO GZ』は、スタッドレスタイヤのシェアトップを独走する人気商品となった。

 そんな林に、『ブリザック』シリーズ最新モデル開発の指令が下った。無論、前モデル『ブリザック REVO GZ』を超える高性能を実現することが至上命令である。前モデルの開発に携わった林には、そのハードルがどれほど高いものか、痛いほどわかっていた。

 掲げた目標値は氷上でのブレーキ性能を、前モデルから約10%向上させるというものだ。簡単ではない。

 だが、林をはじめとする開発陣にはアイデアがあった。まず、発泡ゴムのさらなる改良である。『ブリザック REVO GZ』では、「レボ発泡ゴムGZ」という特殊なゴムを採用してスリップの原因となる氷上の水膜を吸い取っていた。

 新たに考え出したのは、発泡ゴムの無数の気泡の表面を、親水性の素材でコーティングすることだった。こうすることで路面の水膜が発泡ゴムの水路に流れ込みやすくなり、水膜が積極的に除去される=タイヤのグリップ力が高まる、というわけだ。

 試行錯誤の末、ある親水素材が発泡ゴムに適していることを発見。「アクティブ発泡ゴム」と名付けられ、採用されることになった。

 もうひとつは、新たなトレッドパタンの開発である。トレッドパタンを決めるにはコンピュータを使った複雑なシミュレーションを行なう。シミュレーションである程度の効果は予測できる。だが、それだけでは製品化できない。コンピュータが弾きだしたトレッドパタンのタイヤを試作してクルマに履かせ、実際に雪道で走らせて人間がチェックする必要があるのだ。

「冬は北海道などのテストコースで、そして春から夏にかけてはスケートリンクを借り切って実験しました。もちろん、私もハンドルを握りました。『現物現場』の実践です」

「現物現場」とは、同社の企業理念のひとつである。

「『現物現場』とは、現場に足を運び、“真実”を自らの目で確かめること。私が大切にしている言葉です」

「アクティブ発泡ゴム」と新開発のトレッドパタン「新・非対称パタン」の実現で、最初に掲げた目標を見事クリア。スタッドレスタイヤの“頂点”『ブリザック VRX』は、『ブリザック』シリーズの節目となる今年、満を持して発売された。

■取材・構成/中沢雄二

※週刊ポスト2013年11月29日号