今国会にカジノ基本法案が提出されることで、「日本のカジノ」がいっそう加速する可能性はある。フジテレビも「特区事業準備室」の存在をHPの採用ページで明かしている。しかし、いざ入場しても、カジノで遊べなければ意味がない。中ではいくらぐらい使うことになるのか。

 カジノには、大きく分けてトランプなどを使ったテーブルゲームと、スロットやコンピュータゲームに分けられるが、花形はなんといってもテーブルゲームだ。カジノ収益の8割を占めるともいわれる一番人気のバカラ(バンカーとプレイヤーに配られるカードの合計数の下1桁が9に近い方が勝ちで、どちらが勝つのかを予想して賭けるゲーム)をはじめ、ブラックジャック(トランプのカードの合計数が21を超えないように、ディーラーとプレイヤーが高い点数を競うゲーム)、ポーカーやルーレットなどが主流である。

 シンガポールのリゾートワールドセントーサによく行く常連客はいう。

「スロットマシーンなら日本円で100円、ルーレットでも1000円程度から賭けることができるが、カジノの醍醐味であるカードものには、やはり相応のカネがかかる。ブラックジャックのミニマムベット(最低賭け金)は50シンガポールドル(約4000円)から。バカラも同程度。それなりに遊ぼうとすると、最低でも3万円以上は使うことになる。私の成績はトントンです(笑い)」

 ちなみにマカオのブラックジャックのミニマムベットは、100〜200香港ドル(約1200〜2400円)。ラスベガスなどは地区によっては1ドルから賭けられるカジノもある。このような点からも、シンガポールのカジノが、ギャンブラーよりも観光客を主とした「富裕層向け」ということが窺える。日本も同様ということになれば、パチンコや競馬感覚というわけにはいかないようだ。

※週刊ポスト2013年11月29日号