3番でホールインワンを奪った藤本麻子(撮影:ALBA)

写真拡大

<大王製紙エリエールレディスオープン 3日目◇23日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,442ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディスオープン」の3日目。藤本麻子が3番パー3でホールインワンを達成した。
女子シード権争い最終章、あのプロが危ない G-VOICEで話題沸騰
 6番アイアンで放ったティショットは「いい感じで飛んでいった」と納得の当たり。ボールはピン手前5メートルに落ちると、そのままカップに吸い込まれた。本人は「ティペグを拾っていて」残念ながらカップインの瞬間は見ていなかったが、ギャラリーの“入った”の声でホールイワンしたことに気がつくと、両手を広げ喜びを露にした。
 藤本は意外なことにこれが人生初のホールインワン。「ジュニアの時も一回もないんですよ。13年間ゴルフをやっていて一度もないので、もう無いだろうなと思っていました」。諦めるのが少し早い気がするが、これまではカップに蹴られ続けられてきたそうで、試合でマークしたこのホールインワンには喜びもひとしお。同組の大山志保やアン・ソンジュにも祝福され、忘れられない1日となった。
 藤本はこの日スコアを4つ伸ばしトータル8アンダー5位タイで最終日へ。このコースではアマチュア時代に“64”をマークしている。「風とグリーンが難しい印象ですが…」とイメージは良くないが、相性は悪くない。首位とは4打差だが「パットが入ればリズムに乗っていけると思います」。この日は17番から連続バーディと明日に繋がる締めを見せた藤本。ホールインワンも合わせ、この勢いで最終日は逆転優勝を目指す。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
森田理香子がコースレコード“64”をマーク!単独首位で最終日へ
LIVEPHOTOで大会3日目を振り返る!
桃子、痛みに負けず1打差2位タイで決勝Rへ!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング