森田が見つめる先は賞金女王!?(撮影:ALBA)

写真拡大

<大王製紙エリエールレディスオープン 3日目◇23日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,442ヤード・パー72)>
 この日の今季10度目となる森田理香子と横峯さくらの同組対決は森田に軍配が上がった。
賞金王、女王は誰の手に?G−VOICEで話題沸騰!
 国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディスオープン」の3日目。首位と4打差の5位タイから出た森田理香子は出だしの1番で5メートルのバーディパットを沈めると、続く2番では8メートル、3番では3メートルを決め3連続バーディを奪取。これで流れに乗るとこの日はショット、パット共に好調で9バーディ・1ボギーと大爆発。コースレコードとなる“64”でスコアを8つ伸ばしトータル12アンダーで単独首位に立った。
 ムービングデーの目玉となった女王候補の直接対決で見ごたえのあるプレーを大勢のギャラリーの前で披露した森田。15番では横峯がピンまで20メートルのパットを沈めると、森田も負けじと15メートルを入れ返し、グリーンは大歓声に包まれた。続く16番ではお互い3パットのボギーとしたのはご愛嬌だが、17番パー5では共にバーディと最後までギャラリーの目を釘付けにするプレーを見せてくれた。
 森田もこの日のラウンドは「楽しかった」と笑顔。スコアを伸ばしたのはもちろんだが「いいゴルフができてお客さんも楽しんでもらえたのでは。私がギャラリーだったら楽しいですね」と大会を大いに盛り上げられたことを喜んだ。
 2位に2打差をつけ、最終日を首位で迎えることになるが「まだ3日目。今日が良くても明日悪かったら話にならない」と気の緩みは一切ない。後半戦は不振にあえいだが「今季は3勝していろいろな勝ち方を経験できた。明日はいろいろなことを思い出しながらやっていきたい」。今季の良い経験、悪い経験、そのすべてを明日のラウンドにつぎ込み今季4勝目、そしてその先にある賞金女王を狙いにいく。
 一方の横峯は「ティショットの状態が良くない」と苦しみながらのプレーだったが4つスコアを伸ばしトータル8アンダー5位タイにつけた。首位とは4打差だが、「届かない位置ではないと思うので、明日はしっかり自分のプレーをするだけ」と笑顔をみせた。「優勝の行方はまだ分かりませんよ」、明日は最終組の1つ前で虎視眈々と逆転を目指す。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
さくらが5位タイに急浮上!明日は森田と同組で直接対決
LIVEPHOTOで「エリエールレディス」3日目を振り返る!
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング