<大王製紙エリエールレディスオープン 3日目◇23日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,442ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディスオープン」の3日目。全選手がハーフターンを終え、通算4アンダー5位タイで決勝ラウンドに入った森田理香子が7バーディ・ノーボギーと大爆発、通算11アンダーまで伸ばし単独首位に躍り出た。
 この日森田は出だし1、2、3番でいきなり3連続バーディ。続く5番でもスコアを伸ばしリーダーズボードのトップに駆け上がった。その後もさらに勢いは増し9、10、11番でこの日2回目の3連続バーディで11アンダーとした。ムービングデーで大爆発の森田。いったいどこまでスコアを伸ばすのだろうか。
 その森田と2打差の通算9アンダー単独2位には韓国のアン・ソンジュ。続く通算8アンダー3位タイには不動裕理と上田桃子がつけている。さらに比嘉真美子、馬場ゆかり、そして森田と賞金女王争いを繰り広げている横峯さくらが通算7アンダー5位タイに並ぶ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
桃子、痛みに負けず1打差2位タイで決勝Rへ!
さくらが5位タイに急浮上!明日は森田と同組で直接対決
女子シード権争い最終章、あのプロが危ない
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング