写真提供:マイナビニュース

写真拡大

21_21 DESIGN SIGHT(東京都・東京ミッドタウン・ガーデン内)では2014年2月28日〜6月15日、企画展「コメ展」が開催される。

○私たちの文化の根幹をなす"コメのありよう"を見つめ直す

"コメ"は、私たちの暮らしにとても身近で、日々の生活に欠かせないものであり、日本ではコメを中心とした食文化を深めつつ、稲作の歴史とともに様々な文化が発展してきた。

同展は、激変する地球環境とライフスタイルや価値観の転換期を迎え、主食としてのコメの位置づけも揺らぐなか、私たちの文化の根幹をなすコメのありようを新鮮な目で見つめ直すものとなる。そして、社会全体で引き受けるべき大きな課題として、その未来像を来場者とともに考えていくという。

宮沢賢治はかつて、自らコメづくりをするなかで、「まったくのいきもの、まったくの精巧な機械」という、稲の本質を見事に言い当てた言葉を残している(宮沢賢治『春と修羅・第三集』「和風は河谷いっぱいに吹く」より)。私たちの生命と文化をつなぐコメ。また、それを形成する緻密な環境システムには、私たちの学ぶべきデザインの本質となる多くのヒントが秘められており、それは、未来を切り開く多くの「糧(かて)」をもたらすものとなるとしている。

同展ディレクターは、21_21 DESIGN SIGHTディレクターでグラフィックデザイナーの佐藤卓と文化人類学者の竹村真一。異なるバックグラウンドを持ちながらも、同じ行き先を見つめる2人のディレクションによる企画展となる。

開催日時は、2014年2月28日〜6月15日 11時〜20時(入場は19時30分まで)。休館日は、火曜日(4月29日、5月6日は開館)。会場は、21_21 DESIGN SIGHT(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内)。入場料は、一般1,000円、大学生800円、中高生500円。小学生以下は無料。その他、詳細は同館Webページを参照のこと。

(エボル)