真っ赤な口紅と衣装で登場の日産コンパニオン(モーターショー)

写真拡大 (全5枚)

 11月22日〜12月1日まで東京ビッグサイト(江東区有明)にて行われている「東京モーターショー2013」では、発売前の最新モデルや夢が膨らむ次世代のコンセプトカーがずらりと展示されている。

 日産自動車のブースでひと際目を引くのは、次世代電気自動車(EV)のコンセプトカー『ブレイドグライダー』だ。航空力学を応用したというボディー形状は、前部の幅が狭く、後部座席が幅広の独特なもの。『リーフ』で電気自動車の普及を目指している日産ならではのチャレンジといえる。

 F1参戦も表明したホンダは、新型のスポーツカーが目白押し。ハイブリッド(HV)システムを搭載した『NSX CONCEPT』や、次世代軽のオープンカー『S660 CONSEPT』の発売を控え、スポーツカーブームを呼び起こしたい構えだ。

■撮影/渡辺利博