塚田、7年ぶりの大会で首位で決勝ラウンドへ(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ダンロップフェニックス 2日目◇22日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>
 宮崎県にあるフェニックスカントリークラブで開催されている、国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の2日目。硬いグリーンと、強さ方向をめまぐるしく変える風に多くの選手が苦しむ中、塚田好宣が1バーディ・1ボギーの“71”と粘りのプレーを見せて初日の3アンダーをキープ。ルーク・ドナルド(イングランド)らと並んで首位タイに浮上した。
山下和宏、魔法の2拍子で単独首位スタート
 実は塚田が今大会に出場するのは2006年以来7年ぶり2回目。「コースは覚えていないですね。この試合はいつもシードがあっても出られなかった」と出場権がグッと絞られる今大会とはあまり縁がないままだった。
 コースを覚えていない上に開幕前の調子は最悪だった。症状はボールが急激に左に曲がるいわゆる“チーピン”。曲げればすぐに密集した松林が待ち受けるこのコースでは致命的とも思えた。だが、初日の朝練習場で突如ひらめきがあった。「重心を落とすように構えて打った。本当は練習用のドリルなんですが、まぁいいかと思って試合でもそのまま打った」。
 距離感や出球のイメージはつかみづらかったものの懸案のチーピンは解消。不安が一転初日3アンダー単独2位と思いがけない好スタートにつながった。この日も重心を落としてベタ足で振るスイングは継続。「僕はバーディがなかなか出ないタイプ」と自認する通りバーディは1つにとどまったが、「日本オープンより難しい」と嘆くコンディションの中安定したショットでボギーも1つに抑えた。
 だが、練習用のスイングだけに残り2日間も高望みできる状態ではない。「とにかく丁寧にやるしかない。グリーンも乾いて速くなってきたし、なるべく上りのパットを打てるようにしたい」。11月にはヨーロピアンツアーのファイナルQTを受験したが失敗したばかり。今大会を再浮上のきっかけとしたいが。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹、ドナルドに見せつけられた世界との差
日本チームが3位タイに浮上!個人戦は谷原5位タイ、石川15位タイ
女子シード権争い最終章、あのプロが危ない、G-VOICEでPICK UP!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング