写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県・船橋市の複合商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」西館が22日にグランドオープンし、オープン記念イベントに、タレントの三船美佳やふなっしー、ピカチュウらが登場した。

西館メインエントランスで行われた今回のイベントには、船橋市非公式キャラクター・ふなっしー、千葉ロッテマリーンズキャラクター・マーくん、「ポケモンセンタートウキョーベイ」からピカチュウといった人気キャラクターが大集合。さらに、Benesse「たまひよnet」公式キャラクターたまちゃんとひよちゃん、「ららぽーとTOKYO-BAY」のキッズクラブのキャラクター・モコモコ、フワフワ、ベイも応援に駆けつけた。

来場者の注目はやはりふなっしーで、イベント開始前から控えのテントから姿を現し、人気を独り占め。その後、スペシャルゲストとして登壇した三船も「ふなっしーの後に登場するのは厳しい」と困り顔を見せるも、「三船美佳でっしー! ひゃっはー!」とふなっしー語で対抗し、さらに「自己紹介だけで1日分の消費カロリーを使った感じ。『ふなっしーダイエット』本を出したら売れるかも」とふなっしーに提案し、会場の笑いを奪った。

さらに、登壇者によるテープカット後には、ふなっしーの単独囲み取材も行われた。今回「新語・流行語大賞」の候補50語に「ふなっしー」も選ばれたことについて、「もし、大賞を取ったら賞金で熱海旅行に行くなっしー!」とコメントするも、賞金がもらえないとわかると「じゃあ、いらないなっしー」と一刀両断。しかし、「大賞に選ばれるかはわからないけど、こうしてノミネートされることは、やはり皆様の応援のおかげなっしー! 」とファンへの感謝も忘れないコメントも残し、彼の人柄(?)の良さもうかがえた。

(担当ぱぴい)