長野県佐久市の「佐久平果実(りんご)生産組合」は、1本のりんごの木のオーナーとなって、農作業体験を楽しめる「佐久地域りんごオーナー制度」の、2014年度オーナーを募集している。

同制度は、生産者が収穫時期までを管理し、オーナーが収穫するというもの。年間を通じ、お花見や名入れ、葉摘み体験などのイベントがあり農作業体験を楽しめる。プルーンや新種りんごなど、旬の果実を詰め合わせたものを宅配する「味楽会」もあり、オーナーと生産者の交流が育まれているという。

品種は「サンふじ」。1本21,000円のAコースと1本31.000円のBコースを用意し、約500本のオーナーを募集。収穫予定は来年の11月22日と23日限定で、収穫に参加できない場合は宅配便で発送してくれるとのこと。

また、体験会は5月4日「花見&花摘み体験会」、6月1日「実摘み体験会」、9月21日「りんご名入れ体験会」、10月5日「葉摘み体験会」を予定している。

申し込みは4月15日まで。詳細は同市公式ホームページ()から見ることができる。