『her(原題)』

写真拡大

スパイク・ジョーンズ監督の新作映画『her(原題)』が、2014年春に全国で公開されることがわかった。

【もっと写真を見る】

映画監督、ミュージックビデオ監督、脚本家、プロデューサー、フォトグラファーなど様々な肩書を持ちながら、毒々しさと優しさを併せ持った作品を発表し続けているスパイク・ジョーンズ。同作は、2009年公開の『かいじゅうたちのいるところ』以来、約4年ぶりの新作長編作品となる。近未来のロサンゼルスを舞台に、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く代筆ライターのセオドアが、人工知能の最新型OS「サマンサ」の個性的で繊細な声に魅せられていく姿を描いたラブストーリーだ。

妻と別れたばかりの中年男・セオドア役をホアキン・フェニックスが演じるほか、サマンサの声をスカーレット・ヨハンソンが担当している。なお、ヨハンソンは先日開催された『第8回ローマ国際映画祭』の最優秀主演女優賞を同作で受賞。声だけのキャストが同賞を受賞するのは今回が初めてになるとのこと。