<大王製紙エリエールレディスオープン 2日目◇22日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,442ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディスオープン」の2日目。初日38位タイと出遅れた現在賞金ランク1位の横峯さくら。しかし、この日は3番パー3で7メートルのバーディパットを沈めると前半で2つ、後半でも3つのバーディを奪いスコアを5つ伸ばしてホールアウト。5位タイに順位を上げた。
メジャー覇者、歴代賞金女王が直面する“シード落ち”の危機、G-VOICEで話題沸騰中!
 「スタート前は予選通過ラインを気にしないといけないと思っていました」という状況だったが、序盤のバーディで流れに乗るとその後は快調にスコアを伸ばした。パットは「スピードがあっていなかった」、アイアンは「だましだまし」という感じだったそうだがノーボギーにまとめるのは流石といったところか。「明日からまた頑張りたいです」、首位とは4打差と残り2日間で十分に追いつける位置。先週優勝の勢いそのままに、この試合でも虎視眈々とさらに上位をうかがう。
 横峯を追う賞金ランク2位の森田は5バーディ・3ボギーの70でラウンド。中盤は4連続バーディを奪ったが「それ以降が良くなかった」と2つのボギーでスコアを後退させてしまった。「2日目にしてはスコアを落とすこともなかったので良かったと思います」とここまでのプレーには満足しているようだった。
 森田は2つスコアを伸ばし横峯と並び5位タイに。3日目2人は同組で直接対決することになった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
桃子、痛みに負けず1打差2位タイで決勝Rへ!
藤田幸希、“ゴルフの神様からプレゼント”で誕生日に涙の予選突破!
森田理香子、ノーボギーで13位発進!さくらは38位と出遅れ
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング