写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TVでよく観る東京のグルメ番組やコーナー。関東圏に住んでいない人も頻繁に目にするほど、放送されています。「おしゃれな高級店」や「外観は汚いが味は良い」など、切り口はさまざま。そこで今回は東京都内・関東圏で「コスパが高く、気軽にグルメを楽しめる街」について調査してみました。

■市場直結、新鮮素材を安価で食べられる「築地」が第1位!?
Q. 東京都内・関東圏で「コストパフォーマンスも良く、気軽にグルメを楽しめる街」としてイメージするのはどこですか?
第1位:築地……:24.4%
第2位:浅草……:14.8%
第3位:新橋……:12.6%
第4位:上野……:9.4%
第5位:池袋……:8.0%
第6位:新宿……:7.8%
第7位:吉祥寺……:7.0%
第8位:渋谷……:6.6%
第9位:高田馬場……:6.4%
第10位:下北沢……:6.2%
※第11位以下は略

第1位は「築地」で、全体の約4分の1の人が選択しました。言わずもがな「築地市場」の存在は大きいですね。「新鮮な魚が安く食べられそう」「寿司、特にマグロがおいしそう」という意見が多数。新鮮な魚を扱う寿司店のほかにも、舌の肥えた市場関係者の方々が通う「安くて旨い」定食屋などもあり、築地市場周辺にはコストパフォーマンスの高い飲食店が密集しているようです。

続く第2位は、「浅草」。昔ながらの下町のイメージから「庶民的なお店が多そう」という声が多く寄せられました。「食べ歩きグルメが多そう」(25歳/女性/その他)や「安くてバラエティが豊か」(50歳以上/男性/団体・公益法人・官公庁)という声も。そして、第3位は“働くお父さん”の街「新橋」。「ガード下とか安いお店が多そう」(28歳/女性/運輸・倉庫)、「ちょいのみ居酒屋が充実」(38歳/男性/自動車関連)など、「飲み屋」さんを挙げる人が多く見られました。

今回の調査で、関東圏内にある、最も「コスパの高いグルメな街」のイメージとして受け止められている街は、「築地」ということがわかりました。「築地」「浅草」は観光地として全国的にも有名ですが、ランキング外でも、「田町」「丸の内」「神田」のオフィス街や「高円寺」「御茶ノ水」「町田」の学生街など、身近なところの情報を寄せた方も。お部屋探しの際、近隣の飲食店に注目したり、最寄り駅周辺のお店を新たに探したり、グルメ中心に物件やエリアを覗いてみるのもいいかもしれませんね。

【アンケート対象】
調査期間:2013年11月10日〜12日
アンケート対象:マイナビニュース会員
調査対象数:500名
調査方法:回答者限定ログイン式アンケート