<ISPSハンダワールドカップ 2日目◇22日◇ロイヤルメルボルンGC(7,046ヤード・パー71)>
 オーストラリアにあるロイヤルメルボルンゴルフクラブで開催中の「ISPSハンダワールドカップ」の2日目。イーブンパー13位タイからスタートした石川遼は3バーディ3ボギーの“71”でラウンド。初日に引き続きイーブンパーのプレーでスコアを伸ばせなかった。
 この日の石川は2番でバーディが先行。4番パー4はボギーとしてしまうが、6番と11番でバーディを奪い、一時は2アンダーまでスコアを伸ばすことに成功した。上位進出のためにもさらにスコアを伸ばしたいところだったが、その後の石川は14、15と連続ボギー。終盤のボギーが響いて結局、トータルイーブンパーでホールアウトした。
 現在、首位に立つのはトータル7アンダーまでスコアを伸ばしているケビン・ストリールマン(米国)とトーマス・ビヨーン(デンマーク)。石川と同じ日本代表の谷原秀人は10番終了時点でスコアを2つ伸ばし、トータル1アンダー9位タイに浮上している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【田中秀道の目】絶好のタイミングで組んだ2人に期待していい ゴルフW杯
最新のギアニュースと試打レポートはこちらから
ゴルフ好きな美女が登場!「今日の美ゴ女」
ゴルフ界のナゾをAKBが徹底検証!