ウェアラブルセンサー装着の様子

写真拡大

オーナーの健康管理や見守り機能を備えた「スマートハウス」の実証実験を、積水ハウスが開始する。2014年度内の運用を目指すという。

現在、同社はウェアラブルセンサーと対話型ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)を連動させたスマートヘルスケアサポートの開発中だ。

東京モーターショーに出展

粘着型の使い捨てパッチ(約11?)にセンサーを装着させ、体に貼りつけることで、心拍数や呼吸数、表皮温度、消費カロリー、ストレス等の生体データをリアルタイムに収集する。これを対話型HEMSと連動させることで、健康上のアドバイスをおこなったり、食事の管理や空調調節、体調異常の発見など、家族の健康をサポートするサービスを提供していくという。

さらに、睡眠時の状態把握、転倒などによる怪我や意識不明状態の通知機能など、健康状態を感知し、適切なアドバイスや救助につなげることを目指す。将来的には、住環境から健康や食生活のサポート、医療介護の分野にまで機能を拡大する予定だ。

この「近未来のスマートハウス」は東京モーターショー(2013年11月23日から12月1日)に東芝・Hondaと合同で出展し、紹介する。