写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR北海道はこのほど、年末年始時期における特急列車などの混雑予想を発表した。11月からのダイヤ変更にともなう特急列車の運転本数の減少や、車両からの出火事故にともなう長期の運休により、とくに混雑の集中が予想される列車を挙げている。

とくに混雑が予想されているのは、12月28〜30日および1月3〜5日の特急「北斗94号」(札幌駅13時17分発)と「北斗96号」(札幌駅14時36分発)、1月3〜5日の特急「北斗85号」(函館駅9時10分発)、「北斗87号」(函館駅10時33分発)、「北斗91号」(函館駅14時13分発)、「北斗95号」(函館駅15時38分発)。これらの列車はいずれも3〜5両編成で、自由席車両は1〜2両しかないため、大変な混雑が予想されるという。

これを受けて同社は、利用日時の変更や特急「すずらん」の利用、さらには他交通機関の利用も検討してほしいとしている。

なお、札幌〜函館間では現在、定期列車・臨時列車合わせて最大9往復運転されているが、年末年始期間(12月28日〜1月5日)はさらに臨時列車1往復を運転し、特急10往復の体制とする。臨時列車は特急「北斗95号」(函館駅15時38分発、札幌駅20時36分着)と「北斗86号」(札幌駅8時34分発、函館駅12時52分着)。クリスタルエクスプレス車両を使用し、4両編成(1・2号車は指定席、3・4号車は自由席)で運行される。

その他、札幌〜帯広方面では12月28日から1月5日まで特急「スーパーおおぞら」が混雑する見込み。札幌〜帯広間利用の場合は、特急「スーパーとかち」の利用も検討してほしいとしている。札幌〜稚内方面では、12月29・30日と1月3・4日が混み合うと予想されており、利用日の変更を呼びかけている。

この内容は同社ウェブサイトに文書の形で掲載されており、「他の交通機関として都市間バスがございますので、あわせてご検討ください」との一文とともに、他社が運行する高速バスの連絡先が明記されている。

(佐々木康弘)