ファミリーマンション投資をする際の注意点とは?

写真拡大

会社で働く女性の中でも「投資ブーム」が起きています。未来の資産形成について、計画的に考えている方が増えているのでしょう。銀行に、ただ預けておくだけではもったいない!? 適切な知識を持って、低リスクの投資をすることは、時流に乗った考え方だと言えそうです。今回は投資の中でも、ファミリーマンション投資について絞って紹介します。

■ファミリーマンション投資の性質、そのメリットとは?

不動産投資は、さまざまな投資スタイルの中でも人気の方法です。以前は、「手堅い家賃収入が魅力な反面、初期費用がかかる」など、サラリーマンにとっては、敷居が高い面もありました。しかし現在は、中古物件やワンルーム物件への投資スタイルが増え、より身近な存在となっているのです。

そんな不動産投資の中、ファミリーマンション投資とは、その名前のとおり、「ファミリー向けの広めの物件」に投資をする、という方法です。ワンルームよりも賃料は高めに設定できますし、借り手が見つからなければ、自分が将来そこに住むことも可能です。「いつかは結婚を……」と考えながらも、一歩踏み切れないときに、「終の棲家」を用意したいと考える女性は少なくありません。投資用でありながら、将来の自分の住まいを確保できるのが、このファミリーマンション投資の魅力なのです。

■反面デメリットも

しかし、「投資」である以上、そこには当然デメリットも存在します。ファミリーマンション投資を検討したい!という場合には、デメリットについてもよく知っておく必要があるのです。

第一のデメリットは、ワンルームマンションに比べ、初期費用がかかるという点です。そして、購入費用がワンルームの倍だからといって、ファミリー向け物件の賃料を単純に2倍にできるわけではありません。一般的に、ファミリーマンション投資はワンルームマンション投資に比べ、利回りが低い傾向があります。

また、賃料を上げれば、「賃貸よりもローンでマイホーム購入を」と考える入居者も増えるでしょう。長期入居が狙いにくいというデメリットも無視できません。そうしたリスクを考え、それでもなお魅力のあるファミリーマンションを見極める必要があるのです。

投資ブームだからといって、知識もないまま、ファミリーマンション投資に挑戦するのは危険です。リターン見込みを冷静に分析し、本当によい不動産会社、そして利益の見込める物件を選ぶのが肝心です。

(ファナティック)