<ISPSハンダワールドカップ 初日◇21日◇ロイヤルメルボルンGC(7,046ヤード・パー71)>
 オーストラリアにあるロイヤルメルボルンGCで開幕した「ISPSハンダワールドカップ」。新たにフォーマットを変え72ホールストロークプレーの個人戦となった大会で日本チームの石川遼と谷原秀人が初日をラウンドした。
 石川は5バーディ・5ボギーと出入りの激しいゴルフでイーブンパーでホールアウト。一方の谷原は4バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの1オーバーのラウンドとなった。石川のイーブンパーが13位タイ、谷原の1オーバーが21位タイとなっている。
 この日5アンダーを出したデンマークのトーマス・ビヨンと米国のケビン・ストリールマンの2人が並び首位に立った。続く4アンダー3位タイには韓国のK・J・チョイ、ウェールズのスチュアート・マンリー、スコットランドのマーティン・レアードの3人がつけた。さらに地元オーストラリアのジェーソン・デイが3アンダーで単独6位とした。
 また、チーム2名のストローク数の合計で争われるチーム戦では米国とデンマークが5アンダーで並び首位。日本は地元オーストラリアと並び8位タイとした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
10位タイの松山英樹、上がり2ホールにぶぜん
石川遼はV・シン、谷原秀人はK・J・チョイと同組 ゴルフW杯
G-VOICEで徹底討論!ゴルフについてあなたの意見を聞かせてください!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング