【ソチ五輪】メダルは誰の手に!? 浅田真央、高橋大輔、高梨沙羅ほか注目選手まとめ

写真拡大

銀メダル1個、銅メダル1個に終わった2002年ソルトレークシティー大会。荒川静香が金メダルを獲得したものの、メダルはその1個だけに終わった2006年トリノ大会。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

21世紀に入って、冬季オリンピックでは2大会連続して低迷していた日本だが、2010年バンクーバー大会では銀メダル3個、銅メダル2個を獲得。来年2月6日から23日までロシアのソチで開催される第22回オリンピック冬季競技大会では、早くもさらなる飛躍が期待されている。

■浅田は"有終の美"を飾れるか? 白熱のフィギュア女子

最も人気と注目を集めているのは、やはりフィギュアスケートだろう。バンクーバーでは、韓国のキム・ヨナとの一騎打ちにわずかの差で敗れ、銀メダルに終わった浅田真央は、ソチ後の引退を宣言。

青春のすべてをかけてきたフィギュアスケート人生の集大成と位置づける“最後の勝負”に向け、今シーズンはゴールデングランプリ第1戦に続き、第4戦(NHK杯)でも連続優勝。悲願のオリンピック金メダルで有終の美を飾る真央ちゃんの、飛び切りのスマイルが見られる!?

同時に、浅田を追って、鈴木明子、村上佳菜子、さらにはママになった安藤美姫らの国内ライバル争いも激化。オリンピック出場権をかけた戦いは最後まで予断を許さない。

■男子フィギュア、スピードスケートも見どころ満載

一方、バンクーバーで銅メダルに輝き、浅田とともにNHK杯を制した高橋大輔がリードする男子も、いまや世界トップの実力と層の厚さを誇る。織田信成、小塚崇彦、羽生結弦と、誰がオリンピックに出場してもメダル候補。ソチでの男女ダブル金メダル、メダル量産が現実味を増してきた。

そのほか、スピードスケートもソチでのメダル獲得は間違いない。バンクーバー男子500m銀メダルの長島圭一郎と銅メダルの加藤条治にとって、狙うは金メダルのみ。

複数種目でのメダルが期待される小平奈緒や、大学生になっても初々しい高木美帆の活躍に、男性ファンは釘付け。3度目のオリンピックでメダルを狙う、スキーフリースタイルモーグルの伊藤みきの華麗な姿にも、酔いしれることだろう。

■金メダル候補! 女子スキージャンプ・高梨沙羅

そして、今回金メダル間違いなし! 絶対女王として登場するのが、女子スキージャンプの高梨沙羅だ。2010/2011年シーズン、国際スキー連盟公認大会で女子選手史上最年少優勝をマークした高梨は、2012/2013年シーズン圧倒的強さで個人総合優勝。ソチに“沙羅様”の敵はいない。

かつて、日本のお家芸と言われたスキー・ジャンプ、ノルディック複合もバンクーバー以降、次々と結果を残し、復活の狼煙は上がった。長野以来のメダル獲得も夢ではない。

■チケットの抽選販売を実施中!

表彰台に日本人選手が次々と上がり、日の丸が何本も翻り、君が代が幾度となく流れる。
そんな歓喜と興奮が渦巻くソチオリンピック。

現在「チケットぴあ」では、第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ)の開会式をはじめ、スキー(アルペン、クロスカントリー、ジャンプ、スノーボード)、スケート(スピードスケート、フィギュアスケート、ショートトラック)、アイスホッケー、カーリングのチケットを抽選販売中。

受付は11月24日(日)23時59分まで。
締切り間近なので、いますぐアクションを!


第22回オリンピック冬季競技大会
チケットぴあ抽選販売中! [http://j.mp/17Kzm53]

こちらのレポートもどうぞ!
伝統の国立ラスト! ユーミン生降臨! 今年の「ラグビー早明戦」に行くべき理由 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18695 ]
ラクして確実にやせる!ダイエット法まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/17002 ]
ポイントは「自己肯定」! "結果を出せる自分"になる「メンタル術」を専門家が解説 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18421 ]
"マラソン世界一"ビジネスマンに聞いた、「走る」と「いい仕事ができる」3つの意外な共通点 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/17615 ]