写真提供:マイナビニュース

写真拡大

レオパレス21は、9月27日から10月31日まで実施した「レオパレス21動画コンテスト」の審査を行い、優秀賞「犬猿の仲の、お父さんと娘」を選出した。

同企画は、レオパレスの魅力を表現する内容の動画(3分以内)または絵コンテを、6つのテーマからいずれかを選択し作成して貰ったもの。さまざまなコンセプトを持った応募作品の中から今回は、黒田武志さん作の「犬猿の仲の、お父さんと娘」が「優秀賞」として選ばれた。

同作品は、東京でひとり暮らしをしたい娘(犬)がお父さん(猿)に相談するというストーリー。擬人化した動物たちが“セキュリティ”を題材に、人間顔負けの喜劇を演じている。審査では、「レオパレスの魅力がうまく表現できている」という部分が審査員から好評を得て、満場一致で「優秀賞」になったとのこと。

なお、「最優秀賞」、「絵コンテ部門」については、該当者なしとなった。同映像は、Youtubeブランドチャンネル()で公開している。