エミリオ・プッチの軌跡を辿る本「Pucci」普及版が登場

写真拡大

 「EMILIO PUCCI(エミリオ・ プッチ)」が、ブランドの全てを詰めたという書籍「Pucci(プッチ)」を全国のエミリオ・プッチ ブティックで発売する。今回登場するのは、2010年にTASCHEN社から限定展開された「Pucci」の普及版。価格は10,500円(税込)。

エミリオ・プッチの軌跡辿る「Pucci」普及版が登場の画像を拡大

 「Pucci」では、60年以上にわたる「EMILIO PUCCI」の歴史とともにデザイナーEmilio Pucciの取り組みを紹介。執筆はファッションエディターのVanessa Friedman(ヴァネッサ・フリードマン)が手がけ、序章についてはEmilio Pucciの娘Laudomia Pucci(ラウドミア・プッチ)が担当した。財団法人エミリオ・プッチ ファウンデーションが所蔵する数百枚の写真や広告、ドローイングを収録し、ブランドの世界を表現したという。

 「Pucci」の普及版は伊勢丹新宿店のエミリオ・プッチ ブティックのみ11月20日に先行販売をスタート。その他ブティックでは順次取り扱われる予定で、アーカイブプリントを取り入れた全4種類のハードカバーを揃える(うち1種は伊勢丹新宿店限定)。