イオン幕張から新しい買い物体験を提案 ソフトバンクテレコムとヤフーの連携強化

写真拡大

  イオンがソフトバンクテレコム、ヤフーと連携してICT(情報通信技術)を駆使したオムニチャネルの取り組みを開始すると発表した。12月20日にオープンする「イオンモール幕張新都心」を皮切りに、新しいショッピングスタイルを提案。O2Oサービスに加え、スマートフォンを商品のPOP等にかざすとレシピが表示される「撮って!インフォ(仮称)」や「WAONサービスアプリ」などの展開を新たにスタートする。

イオン ICTを駆使したサービス提供の画像を拡大

 これまでイオンとソフトバンクテレコムは、iPadによる従業員向けのビジュアルコミュニケーションツール「ACC(イオンクラウドキャンパス)」やヤフーとのコラボレーションによるO2Oの取り組みなど、協力関係を構築。12月20日から順次、新しい購買体験を高めるため顧客との接点になっている全てのチャネルを融合させるオムニチャネルの取り組みを開始し、ICTを駆使し実店舗とインターネットを連携させた新しいショッピングスタイルを提案していくという。

 「イオンモール幕張新都心」のオープンを機に、イオンは主に4つの新たなサービスを展開していく予定。スマートフォンで商品情報を読み取ることができる「撮って!インフォ(仮称)」、電子マネー「WAON」の買物・チャージ履歴紹介やポイント残高の確認、各種のキャンペーン情報、加盟店の地図情報などの機能を提供する「WAONサービスアプリ」、店舗で無料インターネット接続を利用できる「イオンWiFi」、店舗に品揃えしていない商品も取り寄せ・店頭受け取りができる「タッチ・ゲット」の4サービスが開始される。「Yahoo! JAPAN」と連携したO2Oサービス「ウルトラ集客」との連動強化に加え、ヤフーが運営するインターネットショッピングモールである「Yahoo!ショッピング」へ積極的に参加し、「トップバリュ」をはじめとするイオン商品の購入機会の拡大を図るという。

 「イオンモール幕張新都心」は、約192,000平方メートルという広大な敷地面積を誇る大規模モール。デンマークの北欧雑貨「Søstrene Grene(ソストレーネ・グレーネ)」の日本1号店や代官山店のコンセプトをそのまま表現するという「蔦屋書店」などが出店する。