写真提供:マイナビニュース

写真拡大

都道府県別の幸福度調査で上位を独占した石川県・福井県・富山県。今回は、そんな「幸せな県トップ3」である北陸3県出身のマイナビニュース会員27名に、それぞれの魅力や地元事情を聞いてみた!

○石川県出身者の本音

■自慢は松井秀喜と金箔
・「金箔」(25歳女性/ソフトウェア/技術職)
・「金箔の生産量が日本一」(21歳女性/学生/その他)
・「松井秀喜」(27歳男性/自動車関連/販売職・サービス系)
・「石川県の誇りと言えば間違いなく世界の松井秀喜!」(25歳女性/商社・卸/営業職)
・「海の幸がおいしい」(31歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「千里浜なぎさドライブウェイは、世界で見ても珍しい、車で走れる砂浜であること」(25歳男性/医薬品・化粧品/技術職)

■親しみを感じる県はやっぱり富山県と福井県
・「富山県、隣だから」(27歳男性/自動車関連/販売職・サービス系)
・「福井県と富山県、北陸というくくりにあるから」(31歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「北陸三県の富山県と福井県」(25歳女性/商社・卸/営業職)
・「富山県、隣の県で太閤山ランドに昔よく親に連れて行ってもらっていたから」(25歳男性/医薬品・化粧品/技術職)

■ライバルもやっぱり富山県と福井県
・「福井県、似ているから」(27歳男性/自動車関連/販売職・サービス系)
・「富山県、よく比較されるから」(31歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「富山県、福井近隣なので何となく競い合っている感じがする」(21歳女性/学生/その他)

■おすすめスポットは兼六園
・「兼六園、美しいから」(27歳男性/自動車関連/販売職・サービス系)
・「兼六園、のとじま水族館」(21歳女性/学生/その他)
・「ひがし茶屋街、雰囲気が良い」(31歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「金沢市の香林坊の裏通り、表は109や百貨店があり賑(にぎ)わっているのに、裏に入ると用水路とこぢんまりとしたお店がマッチした風景が見られるから」(25歳男性/医薬品・化粧品/技術職)

○福井県出身者の本音

■自慢は幸福度!
・「社長輩出数ナンバーワン、幸福度日本一」(27歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「海が近い」(27歳女性/小売店/営業職)
・「福井県立恐竜博物館」(29歳男性/自動車関連/技術職)
・「酷寒の冬と酷暑の夏と盆地ゆえの多湿」(35歳男性/ソフトウェア/技術職)

■親しみを感じる県は石川県と福島県
・「石川県、隣だから」(27歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「石川県、どちらも日本海に面しているから」(27歳女性/小売店/営業職)
・「福島県、何だか同じ波長の人が多い気がする」(27歳女性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

■ライバルは富山県と石川県
・「石川県、勝てる訳がないが勝手にライバル視している」(29歳男性/自動車関連/技術職)
・「富山県、同じくらいマイナーなのに、そちらの方が有名だから」(27歳女性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「富山県、同じ北陸だけど、何となく負けたくない」(27歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

■おすすめスポットは東尋坊と恐竜博物館
・「東尋坊と雄島、本気の心霊スポット」(35歳男性/ソフトウェア/技術職)
・「東尋坊、歩くのがスリルがあって楽しい」(27歳女性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「福井県立恐竜博物館、世界レベルの恐竜博物館!」(27歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

■定番土産は海産物と越前そば
・「わかめ」(27歳女性/小売店/営業職)
・「越前そば、おいしいしお手軽」(27歳女性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「越前そば、海産物、特に貝と甲殻類」(35歳男性/ソフトウェア/技術職)
・「羽二重餅が有名ですが、私のおすすめは生地にくるみをいれた羽二重くるみ、もちもちして美味しい!」(27歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

■お土産には和菓子が人気
・「和菓子、何でもうまい」(27歳男性/自動車関連/販売職・サービス系)
・「きんつば」(25歳女性/ソフトウェア/技術職)
・「中田屋のきんつば、必ず喜ばれるので」(31歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「あんころもち、金箔の入ったお菓子」(21歳女性/学生/その他)
・「『雪吊り』という、石川出身のパティシェ辻口博啓さんが作ったお菓子、職場に持っていったらみんなおいしいと言ってすぐになくなってしまった」(25歳男性/医薬品・化粧品/技術職)

○富山県出身者の本音

■自慢は海産物と蜃気楼!
・「海産物がおいしい、都会で魚はあまり買わない」(23歳女性/不動産/営業職)
・「魚が新鮮でとっても美味しい」(32歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「魚介類で富山湾でしか取れないものがある」(33歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「蜃気楼予報が毎日の朝刊に掲載されている」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「蜃気楼が見える海があり、世界遺産をもつ富山県を誇りに思う、住みやすい」(28歳男性/建設・土木/技術職)
・「日本海側で一番第二次産業が盛ん、魚介類がおいしい、持ち家率等の全国ランキングは常に上位、子育てしやすい環境だと思っています」(25歳女性/電力・ガス・石油/営業職)

■親しみを感じる県は石川県
・「石川県金沢市は買い物スポットなので」(25歳女性/医療・福祉/事務系専門職)
・「石川県、隣の県だし、程よい都会でよく買い物などで出かけていたから」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「石川県、お隣で近辺では1番栄えているので、買い物に行ったり遊びに行ったりとみんな訪れると思う」(23歳女性/不動産/営業職)

■ライバルは石川県と福井県
・「石川県、絶対に勝てないライバル(笑)」(26歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「石川県が隣の県なので気になります」(32歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「石川県、隣の県なのであこがれもある反面、根底ではライバル意識もきっと持っています」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「北陸三県で石川県には敵わない、福井県とはなくとなくどんぐりの背比べだと思うからです」(30歳女性/生保・損保/事務系専門職)

■おすすめスポットは立山と黒部ダム
・「雨晴海岸、黒四ダム、立山黒部アルペンルート、井波彫刻」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「黒部ダム、立山黒部アルペンルート、ホタルイカの水揚げ、蜃気楼、八尾おわら風の盆」(25歳女性/電力・ガス・石油/営業職)
・「黒部ダム、山間部なりの素敵な風景を紹介してあげたい」(23歳女性/不動産/営業職)
・「氷見市に行って冬に寒ブリを食べる! 大根おろしをかけて食べる刺身は、脂がたくさんのっていて絶品」(25歳女性/医療・福祉/事務系専門職)
・「世界遺産の『白川郷・五箇山の合掌造り集落』は、自然の中の絵になる集落」(28歳男性/建設・土木/技術職)

■定番土産は鱒寿司と白えびせんべい
・「鱒寿司、白えびせんべい、反魂丹」(23歳女性/不動産/営業職)
・「白えびせんべいは誰にでも喜ばれます」(30歳女性/生保・損保/事務系専門職)
・「白えびせんべい、日持ちするし配りやすい、香り高くて好評だから」(28歳男性/建設・土木/技術職)
・「鱒寿司、絶対おいしいって言われる間違いないお土産です」(25歳女性/医療・福祉/事務系専門職)
・「鱒寿司は本当においしいし職人技のものだから、他には、今、県をあげて取り組んでいるお土産のセットも良いと思う……冬はかぶら寿司が日本酒に合っておいしい」(25歳女性/電力・ガス・石油/営業職)

■総評
北陸3県の地元事情、まずは「地元自慢を教えて!」という質問から。石川県の自慢はズバリ、金箔と松井秀喜氏だ。松井秀喜氏の出身地である石川県能美市には「松井秀喜ベースボールミュージアム」もあり、県民の自慢のひとつとなっている。福井県の自慢には、「幸福度」が日本一であることや、海があること、「ほかの県の人にまぎれても福井弁を使いこなせること」などが挙げられた。富山県の自慢は、何といっても「天然のいけす」と呼ばれる富山湾で獲れる美味しい海の幸! 県の魚に指定されているブリ、ホタルイカ、シロエビを始め、多種多様な魚が水揚げされる魚介の宝庫となっている。

次に、親しみを感じる県とライバル県について尋ねてみたところ、「親しみを感じるが同時にライバル意識もある県」として、石川県からは「富山県・福井県」、富山県と福井県は「石川県」という回答が寄せられた。何かと比較されやすく、良くも悪くも意識してしまう存在のようだが、北陸3県の仲間意識がかなり強いということが感じられた。

続いて「絶対にはずせない観光スポット」だが、石川県は日本三名園のひとつ、「兼六園」が人気とのことだった。福井県からは、日本随一の奇勝として知られる「東尋坊」。富山県からは「立山」(富士ノ折立・大汝山・雄山の3つの峰の総称)や「黒部ダム」のほか、「お隣の石川県で兼六園の雪吊りを見に行く」と県外を推す声が。

最後に「定番のお土産」を聞いてみたところ、石川県からは金沢の銘品である中田屋の「きんつば」などが、福井県からは大根おろしで食す人気名物の「越前そば」が挙がっていた。また、富山県からは名物の「鱒寿司」や、富山の宝石と呼ばれる白エビを使ったお煎餅が。

豊かな自然環境、観光名所、特産品など魅力に満ちあふれた北陸3県。3県の絆の強さも加わり、幸福度が高いのも頷(うなず)けるのではないだろうか。

調査時期: 2013年6月24日〜2013年8月28日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 福井県出身8名/石川県出身6名/富山県出身16名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

(アリウープ)