『復讐教室』(双葉社)

写真拡大

 学校を舞台にした復讐劇というテーマは小説ではよく見られる。例えば『告白』(著:湊かなえ)。この作品は映画化もされ、映画の脚本でコミカライズも実現している。他には『そして粛清の扉を』(著:黒武洋)などもそうだ。

 これら2作品は教師による生徒への復讐劇だ。今回取り上げる『復讐教室』(原作:山崎烏/作画:要龍)は、生徒による生徒への復讐劇をテーマにしている。連載元は前回取り上げた『ドクムシ』と同じE☆エブリスタだ。これは期待が高まる。

 『復讐教室』第1巻のあらすじは以下のようなものだ。

 中学3年生の藤沢彩菜は、クラスで恐喝・脅迫・集団無視・暴力・レイプ......などひどいイジメに受けていた。ある日、イジメどころかクラスの誰かに交通事故を装って殺されかける。入院先の病院で彩菜は蜘蛛の網にかかった蜂が自らの命と引き換えに、針を蜘蛛の胴体に突き刺して相討ちになった様子を見て、「耐えてももがいても同じ。最後にどうせ狩られるのなら、命をかけて狩り返す。クラスメイト全員に同じ地獄の苦しみを味わわせてやる」と決意する。28人のクラスメイトへの命がけの復讐が始まった――。

 復讐とあるのだから、てっきりクラスメート全員を悲惨で残酷な死の罰を与えるグロテスクな内容を期待していたのだが、それは大きく裏切られた。グロテスクな表現が苦手な人にはちょうどいいくらいなのかもしれないが、復讐のスケールが小さいのだ。

 復讐は毎回ターゲットの人間を決めて順々に行っていく。その記念すべき1人目となったのは、イケメンだけど心は外道の男子生徒。復讐内容は学校の不良生徒にボコボコに殴らせ、自慢の顔面を崩壊させるといったものだった。

 2人目は成績優秀の上品なお嬢様が、実はクラブ通いして気晴らしをしているということを家族にばらし、精神的苦痛を与えた。3人目は、嘘ばかりをつく男子生徒にクラス内で窃盗の疑惑を持たせて、嫌われ者にした。4人目、5人目は仲よし2人組の女子生徒仲を引き裂くというものだった......。

 復讐が成功すると、彩菜は「復讐完了」と悪魔のような笑みを浮かべて宣言するのだが、いまいち読んでいる側は達成感を味わえない。復讐をすればするほど、「これって復讐っていう大げさなものじゃなくて、単なる仕返しってくらいなんじゃないか?」という印象が強まる。

 6人目の復讐を行おうとする際には、復讐相手からこれまでの冷淡な態度について、「ごめんね」と謝られたことに感動した彩菜は、復讐を完遂するという固い決意にあっさりとブレを起こしてしまう。「おいおい......全員狩るんじゃねぇのかよ」と思いつつも、このブレが起きたことにより、物語がまた大きく動き、意図しないところでクラスメートに死者が出てしまう。死者が出たのは主人公の復讐が遠因となるわけだが、これに対して彼女は目を見開いて驚いてしまう。

 どうも彩菜は悪人になりきれていない。どうせなら死体に向かって「ざまぁみろ」の一言くらい吐き捨てて、蹴りでも入れてくれたほうが復讐した気分になり、彼女が受けていたさまざまな拷問の苦しみを共感できるのではないか。あの驚いてしまうシーンは、『復讐教室』の全体な物足りなさを如実に表すこととなった。『復讐教室』は、『ドクムシ』が放っていた絶望感に少しも届いていない。

 今後物語はどの方向へ動くのか。死者を出してしまったことで彩菜は自らの行動を懺悔し、改心していくのか。死者が出たことなんてなんのその、決意を新たに彼女なりの復讐をしていくのか。それともまったく別の展開が用意されているのか。クラスメート全員に復讐していくという物語の筋はとても面白いのだから、もっともっと過激な展開を期待したいところだ。第2巻の発売を待ちたい。
(文=Leoneko)