「大正アウトロー奇譚」

写真拡大

「大正アウトロー奇譚 …わが夢はリバータリアン」玉川信明著 社会評論社刊

本書は著者の「日本アウトロー烈伝」なるシリーズの第5巻である。著者は、「アウトロー」という言葉に本源的「自由」という意味を込めているが、常識的には「アウトロー」は無法者であろう。本書に登場する奇人たちは無頼ではあっても無法でない。既成の権威に反発し世間の常識や秩序からは脱線しがちで、多くは奔放放埓に酒精と異性に溺れるが、破落戸ではないし勿論極道などでは全くない。快男児と言いたいところだが、「江戸っ子は五月の鯉の吹き流し」というのとはちょっと違う。そういう意味ではこの奇人たちを呼ぶには、本書の副題にある「リバータリアン」というのが一番ふさわしいかもしれない。リベラルとはニュアンスが異なる、個人主義的な徹底した自由主義者という感じであろうか。なお、本書の巻末には「補遺」として、副題について、(書評子としては自らの浅学を棚に上げて衒学的と嫌味の一つも言いたくなるような)少々難しいすごい解説が付されている。

炭坑節作った「民衆の怨歌師」

本書に登場する9人の奇人には、アナキストにして侠客風労働運動家の和田栄吉や、大正期の大阪の名物男で社会運動家の逸見直造などもいるが、文士や演劇関係者など文筆・芸術系の人物が多い。

著者が「民衆の怨歌師」と評する添田唖蝉坊は炭坑節の作者であるが、十代の頃、桃中軒の浪華節を聞きに行く途中、壮士連の唄う悲憤慷慨憂国の演歌「壮士節」を聞いて夢中になり、町を歌い流す演歌壮士になった。自由民権運動が下火になっても、演歌に生き、結婚しても妻子を実家に置いて飄然と演歌の旅に出る。やがて社会主義者の堺利彦を知って反戦演歌を歌い、日露戦争後は増税政策を暗に批判する「ゼーゼー節」を歌ったりした。

大正末期から昭和初期にかけての「エログロの総本山」梅原北明は、軟派出版取締りに対して無類の狡猾さを発揮し、「デカメロン」出版の折は、序文でイタリア皇帝やムッソリーニ首相に奉るとし、日伊親善を逆手にとっての警視庁の検閲を逃れたという。

実妹、その学友とも…「女と文学のコスモポリタン」

著者が「女と文学のコスモポリタン」と評する武林無想庵は、当時「日本のアナトールフランス」と称せられた博識の作家であるが、幼時に養子に行き、一高生の時初めて実妹光子と会い、彼女を愛し交わってしまう。その後芝居茶屋の女と京都へ恋の逃避行するが逃げられ、郷里出身の女性との結婚も2年で破たんする。デスペレートな生活にピリオドを打とうと比叡山に上り、「摩訶止観」を読んだりするが、性根は改まらず、帰省した時には、異母妹の常子を抱いて子供まで作ってしまう。光子の学友の鎌倉の若夫人とも恋愛し、その愛欲生活を描いたのが、彼の代表作である短編「ピロニストのように」である。その後偶然から、のちに「パリの妖婦」と書き立てられる文子という破天荒な女と結婚し、二人でパリに渡る。やがて彼は養父母の財産を使い果たし、文子は他の男とできて、無想庵は、文子をあきらめることもできず追って回る。これを書いたのが、やはり彼の有名作である「Cocuの嘆き」である(コキュ=仏語で「妻を寝取られた男」)。困窮して文子と別れて帰国した無想庵は、数年後60歳ちかくなって再婚して文子と対照的な貞淑な妻朝子を得、漸く平穏を得たものの、やがて失明する。しかし、妻への口述筆記により「むそうあん物語」なる全45巻の大冊を完成させたというからしぶとい。

他の奇人たちの生き様にも、正しくリバータリアンの面目躍如たるものがある。こういう男たちが輩出した大正時代は、偉大なる明治と波乱万丈の昭和に挟まれてやや印象が薄いが、すごい時代だったのである。

平成の御世にあって、典型的な霞が関の住人にして無頼の対極にいる筆者は、昔から「アウトロー」的なものに惹かれ西部劇や任侠映画を愛好してきたのであるが、本書の影響で当分はリバータリアンを夢見てしまいそうである。

(山科翠  経済官庁 ?種)