写真提供:マイナビニュース

写真拡大

世田谷区ボロ市保存会は12月15日と16日、2014年1月15日と16日に、東京都世田谷区で「世田谷ボロ市」を開催する。

○ルーツは遠く四百年の昔に開かれた楽市

同イベントは、430年以上前から続き、現在は東京都の無形民俗文化財にも指定されている。昔はボロ布がたくさん売られていたことから「ボロ市」の名が付いたという。現在は食料品・装身具・玩具・植木市などの店が中心だが、約700店の露店が立つ。

名物の代官餅のほか骨董品などの店が並び、ボロ市の名残として古着の店も軒を並べる。また、今回も代官屋敷駐車場にて、東日本大震災の被災地復興を支援するため、復興支援物産展を開催。福島県・宮城県・岩手県の特産品を販売する。

日程は、12月15日と16日、2014年1月15日と16日の4日間。時間は9時から20時まで。会場は、東京都世田谷区世田谷1丁目の"ボロ市通り"とその周辺。詳細は、世田谷区公式WEBサイトで確認することができる。

(エボル)