●WINNER

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©ミス・モノクローム製作委員会

<キャスト>
ミス・モノクローム:堀江由衣
マネオ:藤原啓治
KIKUKO:井上喜久子
マナ:神田朱未
あきこ:諏訪彩花
子供:亜城めぐ

●ストーリー
“もっと前に出たい!”その思いを実現するため、
ミス・モノクロームは売れっ子アイドルを目指して活動を開始する。
天然な性格のミス・モノクロームに周りも振り回されつつも、今日もアイドル業界を奔走する!
●レースクイーン
ミス・モノクローム「もっと前に出たい!上を目指したい!そんな仕事を取ってきて!」
マネオ「わかりました!」
マネオ「取ってきました!レースクイーンと山登りのレポーターです。」


※マネオマネージャー、仕事を取ってくるのが早いです。彼はマネージャーとしてかなり優秀ですね。

ミス・モノクローム「レースクイーン知ってる。大きな傘を持って車のそばでただ突っ立っている人達。」
マネオ「パラソルだね。ただ突っ立っているだけじゃないと思うけど。」
ミス・モノクローム「わかった。頑張る!」

●ミス・モノクローム、優勝!?
レースクイーンの仕事。確かにミス・モノクロームは大きな傘を持ってただ突っ立っているだけです。

※これはミス・モノクロームの場合限定であり、一般的なレースクイーンは他にも色々とすることがあります。しかも目の前にうーさーが横切ります。

ミス・モノクローム「前、前、前へ。私もアイドルとしてもっと前へ、前に出たい〜!」

突如、ミス・モノクロームもレース参戦!彼女はレース車両を追い抜き、優勝!?

ミス・モノクローム「やった、優勝。」

但し、プロデューサーを怒らせてしまい山登りのレポーターの仕事はキャンセルになってしまいます。
●ミス・モノクローム、頂点に立つ!
ミス・モノクローム「マネージャー、どうしてKIKUKOは富士山に登っただけでこんなに注目を浴びるの?」
マネオ「スーパーアイドルは山に登っても何をしても注目を浴びてしまうんだね。」
ミス・モノクローム「なるほど。という事はレポーターの仕事がなくても私も山に登れば注目を浴びるという事。」

※順番が逆なような気も。

そこでミス・モノクロームは、

ミス・モノクローム「着いたわ、山頂。」

高尾山の山頂に登るも、誰も取材に来てくれませんでした。

そこで次にミス・モノクロームが登った山は、

ミス・モノクローム「オリンポス山。でも誰も取材に来てくれなかった。」

オリンポス山とは火星にある山。誰も取材に来ないというよりも、そもそも場所的に取材に行けません。

※科学雑誌なら取材に来るかも!

「ミス・モノクローム -The Animation-」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ミス・モノクローム -The Animation-」第7話「ミス・モノクローム、小道具にこだわる!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ミス・モノクローム -The Animation-」第6話「ディレクターズカットが入りました!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ミス・モノクローム -The Animation-」第5話「ミス・モノクローム、コスプレをする!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ミス・モノクローム -The Animation-」第4話「ミス・モノクローム、ねんどろいどになる!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ミス・モノクローム -The Animation-」第3話「魅惑の単三電池」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ミス・モノクローム -The Animation-」TVアニメ公式Webサイト
「ミス・モノクローム -The Animation-」AT-X公式Webサイト