クレジットカードは「選び方」も大切だが、「使い方」も重要だ。

 例えば、「現金ではなくクレジットカードを利用すれば、みんなと同じようにポイントが貯まる」と安心しきっている人は、実はほかの人より損をしているかもしれない。というのも、クレジットカードの使い方によっては、通常よりもポイントが2〜30倍以上も貯められる方法があるからだ。

 その代表的な例は「クレジットカード会社が運営するオンラインショッピングモール」を活用できているかどうか。

カード会社が運営するオンラインモール経由で
Amazonや楽天市場などを利用すればポイント倍増!

 クレジットカードを発行する各社が自社のカード保有者向けにオンラインショッピングモールの運営に乗り出したのは2005年あたりから。カード情報などを登録後、ログインしてモール内のさまざまな店舗で買い物をすると、そのオンラインモール内での購入金額には通常の2〜30倍のボーナスポイントがつく仕組みになっている。

 いずれも数百の店舗と提携しており、その中には「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」など、大手ネット通販サイトも入っていることが多く、カード会社が運営するオンラインモールを経由して、「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」などで買い物をすれば、ポイントの3重取りも可能になってしまう。

 ポイント3重取りの内訳は下記の通り。
…名錣離レジットカードのポイント
▲ード会社のオンラインモールを利用することによるボーナスポイント
D名錣離優奪板免離汽ぅ箸離櫂ぅ鵐

 カード会社のオンラインモールを利用しても、ネット通販サイトの通常のポイントも貯まるほか、例えば「楽天市場」で開催される「ヴィッセル神戸が勝った翌日はポイント2倍」のようなキャンペーンによるポイントも貯められるので、ポイントの4重取り、5重取りも可能になり、還元率は3%を超えるのだ。

 カード会社が運営するオンラインモールを知らずに、直接、「楽天市場」や「Amazon」「Yahoo!ショッピング」のサイトで買い物をしている人は、利用している人に比べて数%の損をしていることになる。

 では、実際にクレジットカード会社が運営するオンラインモールはどれほどお得なのか。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)