ボカシをかけられた前田敦子

写真拡大 (全2枚)

 19日に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で、AKB48「真夏のSounds good !」のMVが流れた。しかし、当時センターを務めていた前田敦子にボカシがかけられていたと話題になっている。

 「ロンドンハーツ」19日放送回では、出演者のAKB48・島田晴香を紹介するため、「真夏のSounds good !」(2012年5月23日発売)のMVが使われた。だが、センターで踊る前田敦子の顔にボカシが……。これまでAKBG(グループ)の映像がテレビ番組で使われる際は、卒業メンバーにはボカシがかけられることがほとんどだったが、ファンの間では「ついにあっちゃんもボカシか」と波紋が広がっている。

 スキャンダルなど問題を起こして脱退したメンバーだけでなく、円満卒業したメンバーにもボカシがかけられる理由は、肖像権の二次使用問題が関わるからといわれている。それぞれの所属事務所に許可をとるよりは、始めからボカシをかけてしまったほうが楽だと判断される場合が多いのだろう。しかし、「何も問題を起こしていないのにボカシをかけられるのは違和感がある」「なんか寂しいな」というファンの声もある。

 ところでAKB48は、今年7月に篠田麻里子、8月に板野友美と大人気メンバーが卒業。1・2期に加入した初期メンバーで現在もグループに残っているのは高橋みなみや小嶋陽菜ら7名で、次に誰が卒業を発表してもおかしくない状況だ。AKBの過去映像がボカシだらけになる日も遠くないのかもしれない。