渋谷109のゆるキャラ誕生 デザインユニット制作

写真拡大

 「SHIBUYA109」から、開業以来初めてとなるイメージキャラクター「イッチー・マッキー・バッキュー」が登場した。「VOGUE」や「FIGARO」のイラストレーションをはじめ国内外様々なブランドのアートディレクションやプロダクトデザインを手がけるデザインユニット「San San design(燦燦デザイン)」が描き下ろしたオリジナルキャラクターは、3つを並べると「109」の文字が浮かび上がる。

渋谷109発 ゆるキャラの画像を拡大

 「SHIBUYA109」発のキャラクタートリオは、「とにかくミーハーで109大好きなポジディブ女子。マッキーにムチャぶりするのが生きがい」というイッチー、そのボーイフレンドでスケボーが得意な設定のマッキー、ペットでツッコミ担当のバッキューで構成。ゆるキャラとして、SNSなどを通じてゆるやかに情報発信を行い、顧客とのコミュ二ケーションを図っていくという。販促物や館内ポスターに今後掲載される予定で、11月26 日からLINEスタンプの配信をスタート。12月14日から開始されるクリスマスキャンペーンの抽選会景品のモチーフにもなっている。